12コメント

G大阪がFWパトリック(28)と6月30日まで契約延長したことが10日、分かった。 14年にサルグレエロ(ブラジル)から期限付きで移籍し、同年の3冠に貢献。昨季はリーグ戦2得点に終わり、10月13日の練習中に右前十字じん帯損傷と右外側半月板損傷で全治8カ月の大ケガを負った。 選手登録はしないものの、クラブ幹部は「負傷したまま相手クラブには返せない」と話し、功労者...


Twitterのコメント(12)

このクラブの決断は支持したい。 /
レンタルのままか…
パト契約延長(^∀^)
ガンバ素晴らしい。すごい。あの直線的に早く強い突破を(うち以外で)もう一度見たい。焦らず治して。
パトリックは契約はするけど戦力外な感じか…
某青白赤のクラブのフロントとは天と地ほどの差だ
選手登録はしないものの、クラブ幹部は「負傷したまま相手クラブには返せない」と話し、功労者に誠意を尽くした。 /
選手登録(とその後の契約)は怪我の状態次第か。
パトちゃん残留きたー
>6月30日まで契約延長したことが分かった。
選手登録はしないもののクラブ幹部は「負傷したまま相手クラブには返せない」
完治後の契約に関してはチーム状況により判断する
昨日つぶやいた通りになった。三冠への功労者に対して、誠意見せるのは必要なこと。/
以上
掲載元: G大阪 パトリックと契約延長 貢献に誠意「負傷したまま返せない」― スポニチ Sponichi Annex サッカー


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

25コメント 2015-09-09 07:02 - www.sponichi.co.jp

西武のエルネスト・メヒア内野手(29)が、来季も残留することが8日までに分かった。メヒアは昨年5月に来日し、34本塁打、73打点、打率・290で、シーズン途中に加入した選手で史上初の本塁打王に輝いた。オフには年俸約5倍増の1億8000万円で1年契約を結んだ。 今季は前半戦の不振が響いて打率こそ2割台前半ながら、チームで中村に次ぐ25本塁打と持ち前の長打力をアピール。8月29日楽天戦(コ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース