TOP > エンタメ > スポニチ Sponichi Annex[芸能] > 石坂浩二 追究し...

石坂浩二 追究し続け60年超…プラモデルは人生賛歌― スポニチ Sponichi Annex 芸能

息をのみ、ルーペ越しにごく小さな部品と対峙(たいじ)する。俳優の石坂浩二(76)は60年以上、プラモデル作りを愛してやまない。完成した時の達成感のみに満足するのではなく「夢中とは、自分そのものを探ること」と語るように、己の生き方をも投影する。人生において“夢中になる”ということがいかに尊いか。その意義を語る。 先月26日、東京・池袋の東武百貨店。石坂は組み上げたばかりのプラモデ...

Twitterのコメント(23)

石坂さん76歳かぁ
「戦時中だった4歳ごろ空襲を経験。前の日に遊んだ子が亡くなるなどした。死の瞬間なんていつ来るかわからない。そんな観念が根付いた。「人生には区切りのつけようがないという答えに落ち着いた」 /
人生で一番最初に惹かれた俳優石坂浩二さん。
石坂浩二「型を作った人や、箱の絵を描いた人との対話だと思っています」
「数学も好き。素数って、ありますよね。今や二十何兆ケタまで探されているが、その法則性にたどり着いた人は誰もいない。こういう好奇心にひっかかるものを、長年忘れず突き詰めている」
「夢中な事を突き詰めていくと、やがて人生と一体化する」「いくつになっても、夢中になることは始められる。何かの包装紙を集めるとか、それも立派な趣味」 良いインタビューだ…
この人チートだよな /
おお、まさにハズキルーペが役立つね/
名言がぽこぽこ出て来る凄み。 /
良さ。そして超自然に「やすらぎの郷」の宣伝も兼ねてる。 /
ぜひお宝探偵団に出品して欲しい /
「怖くて全部数えてない」 大量の積みプラをお持ちの石坂さんだ!
プラモデル作るときは、やっぱり、ハズキルーペなのだろうか /
"会長を務めるプラモデルクラブ「ろうがんず」が参加する"→ローガンズなら泉谷しげる&高田渡&鈴木慶一&どんとのバンドなのにな。しかし濃い内容。たぶん」この100倍情報をカットしたんだろうな。 /
「数学も好き。素数って、ありますよね。今や二十何兆ケタまで探されているが、その法則性にたどり着いた人は誰もいない。こういう好奇心にひっかかるものを、長年忘れず突き詰めている」
1962年デビューの石坂さんはウルトラQのナレーションは放送時キャリア4年目だったのね…(=^>艸<^)/
"制作時間の半分は捜し物"わかるw /
「夢中な事を突き詰めていくと、やがて人生と一体化する」「趣味を通じて自分のことを探っていくというのが夢中」「いくつになっても、夢中になることは始められる」「夢中になるには一生かかる、ということですよ」
「夢中な事を突き詰めていくと、やがて人生と一体化する」「趣味を通じて自分のことを探っていくというのが夢中」いい言葉。
昔タミヤニュースで取り上げられたこともあるから、知ってる人はずっと前から知っているというw
昔の航空雑誌のインタビューで1/700の大和を作るのにピンバイスで砲身の開口に失敗してキットを3つ買うことになったとありましたっけ→
息をのみ、ルーペ越しにごく小さな部品と対峙(たいじ)する。俳優の石坂浩二(76)は60年以上… 追究し続け60年超…プラモデルは人生賛歌 (スポニチ) お気に入りのプラモデルを手にする石坂浩二 Photo By
以上

記事本文: 石坂浩二 追究し続け60年超…プラモデルは人生賛歌― スポニチ Sponichi Annex 芸能

関連記事

画像で見る主要ニュース