TOP > スポーツ > スポニチ Sponichi Annex[野球] > 原辰徳氏 星野氏...

原辰徳氏 星野氏とは現役・監督でともに対戦「私の誇り」03年辞任時は愛の激励に涙― スポニチ Sponichi Annex 野球

 巨人の原辰徳球団特別顧問(59)が6日、4日に亡くなった楽天の星野仙一球団副会長(享年70)への追悼のコメントを球団を通じて発表。「現役でも対戦させていただいて、監督としても戦うことができたのは、私の誇りです」と哀悼した。巨人の第1次政権時代には、退任時に星野氏から「必ず戻ってこい」と激励され「自分でもどう表現していいか分からないぐらい感動した」と...

Twitterのコメント(11)

@BkdrXMoAFkbdU6c スポーツっていいなと思った名場面です
1986年落合をセ・リーグに引っ張ってきてくれてありがとう
2003年甲子園最終戦で原監督への激励ありがとう
2013年楽天日本一ありがとう
星野監督好きだったな…このシーンは野球そんなに詳しく無くても感動して泣いてしまった。御冥福御祈りします。
どのエピソードも泣けるなぁ……。合掌/
星野は死ぬのがちょっと早いと思うし、若大将がもうじき還暦なのは時間の経過が早いと思う。
記事の写真見て、当時を思い出し涙
。星野さんのご冥福をお祈りします

 星野氏とは現役・監督でともに対戦「私の誇り」03年辞任時は激励され涙― スポニチ Sponichi Annex 野球
星野氏とは現役・監督でともに対戦「私の誇り」03年辞任時は激励され涙 – スポーツニッポン
泣ける。星野監督は、自分のイメージとしては阪神やってた時なんだよな。野村監督が監督やってた時の絶望的な阪神を受け継いで、2年でリーグ優勝させたときは凄く鮮烈的だった。
星野氏とは現役・監督でともに対戦「私の誇り」03年辞任時は激励され涙― スポニチ Sponichi Annex 野球
第一期原監督が辞める時のあのシーンはよく覚えてる。あれは熱い。

星野氏とは現役・監督でともに対戦「私の誇り」03年辞任時には激励され涙
以上

記事本文: 原辰徳氏 星野氏とは現役・監督でともに対戦「私の誇り」03年辞任時は愛の激励に涙― スポニチ Sponichi Annex 野球

関連記事