TOP > スポーツ > サッカーキング > 「学はまだまだ頑...
10コメント

齋藤学のシュートが決まらない。29日に行なわれた明治安田生命J1リーグ第19節、前半と後半に1本ずつ、絶好の得点機会が訪れた。しかし、齋藤の今季初ゴールの前にはかつてのチームメートで、清水エスパルスの守護神・六反勇治が立ち塞がった。 天野純の勝ち越しゴールが決まった直後のことだった。齋藤自らがドリブルでエリア内に進入し、倒されて得たPK。中町公祐からボールを受け取り、スポットにセットする。「...


Twitterのコメント(10)

やっぱり六反はいい選手だなあ、いろんな意味で
六反いい意味で鬼で笑う
・マリノス
「学はまだまだ頑張れる」齋藤の初得点を阻んだ、清水エスパルス 六反勇治の愛あるセーブ
そう。カピトンならやれる!
彼は本当にいい人だ。以前ファンサでサインをいただいた時も「あ、(小野)裕二のサインかすれてますね。おい裕二!お前のサインかすれてんぞ!」って声かけてくれた。
六反さんカッコイイ。゚+(。ノдヽ。)゚+。
六反とはやりにくい。
学は今まで無得点だから焦ってたよなあのPKシーン見たけど、学はキーパーみてなかった。元同僚の六反は簡単にコース読んでた。
以上

記事本文: 「学はまだまだ頑張れる」齋藤の初得点を阻んだ六反勇治の愛あるセーブ | サッカーキング

関連記事

32コメント 2015-11-01 07:01 - www.nikkansports.com

鹿島が、仙台の日本代表GK六反勇治(28)の獲得に乗り出すことが10月31日、分かった。 W杯ロシア大会アジア2次予選のメンバーに入っている188センチ。 36歳の正GK曽ケ端に衰えが指摘される中、トニーニョ・セレーゾ前監督がGK佐藤と併用してきたが、勝ち切れなかった。そこで来季は現役A代表を加えて競争させるという。...[続きを読む

画像で見る主要ニュース