TOP > スポーツ > サッカーキング > 広島の佐々木翔に...
14コメント

サンフレッチェ広島は14日、DF佐々木翔が右ひざ前十字じん帯再断裂に伴う手術を受け、全治8カ月と診断されたことを発表した。 佐々木は1月22日の練習中に負傷。2月14日に広島市内の病院で手術を受け、全治8カ月と診断された。 佐々木は昨年3月20日に行われた明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第4節の大宮アルディージャ戦で負傷。右ひざ前十字じん帯断裂との診断結果が同22日に発表され、4月2...


Twitterのコメント(14)

本当にあのワンプレーが…
期待してたのに😢
まじかよ完全にもうこれ選手生命縮みあげとるじゃん去年のあのスライディングしたやつふざけんな
復帰を待ち続ける、今はこれだけしか言えない(´;ω;`)
マジかぁ〜
昨シーズンは間違いなくこの人の離脱の影響でサンフレッチェはこけた
これは痛いなぁ〜
この試合見てたわ。加害者の横山はこれを見て何を思う・・・
ピッチに立つ佐々木がみれると思ってたのに…きついなぁ…
悲しい…本当につらいニュース(涙)。言葉が見つからないけど…復活を心から祈っています。
再断裂はショック。ハートの強い良い選手なのに。じっくり治して欲しい。しかしあの悪質なファウルが恨めしい。
これはキツイ...くじけずに頑張ってほしい。
ま、待ってる…悲
イラッときてカニバサミ。それが始まり。ほんまあいつだけわ許されんわ。横山!
やり切れないなぁ…当初の怪我は大宮のアレからだもんなぁ…
マジで可愛そう広島のりゅうちぇるのささしょー、はやくプレー見たいから頑張れ
以上
掲載元: 広島の佐々木翔に悲劇、昨年3月に続く右ひざじん帯断裂…全治8カ月 | サッカーキング


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

33コメント 2015-07-23 23:34 - www.soccer-king.jp

ブンデスリーガ2部のザンクトパウリは23日、同クラブに所属するFW宮市亮が負傷したことを発表した。同クラブ公式HPが伝えている。 発表によると、宮市は18日に行われた親善試合ラージョ・バジェカーノ戦で負傷。左ひざ前十字じん帯の断裂で23日に手術を受け、長期離脱を強いられる模様となっている。 現在22歳の宮市は、2010年12月に中京大中京高校からアーセナルへ加入。フェイエノールトやボルトン、...[続きを読む

画像で見る主要ニュース