TOP > スポーツ > サッカーキング > フットサルで悲劇...

フットサルで悲劇…PKを胸でストップした12歳の少年GKが死亡 | サッカーキング

11コメント 登録日時:2017-06-28 13:52 | サッカーキングキャッシュ

フットサルをプレーしていた12歳のGKが、PKを胸で止めた後に亡くなった。スペイン紙『El Espanol』が伝えている。 この事故はスペインのヒネスという街で、24日に起きたという。 少年はPKを胸で止めた後に倒れ込み、心肺停止となってしまったようだ。その後病院へと搬送されたものの、50分後に死亡が確認されたと報じられている。 なお、サッカーの場合、PKはゴールから約11メートルの位置からキッ...

Twitterのコメント(11)

こわい。打ちどころが悪いとこうなるのか…。
胸への衝撃のタイミング合えばなるみたい.ドッジボールでもなるらしい.
フットサルで悲劇…PKを胸でストップした12歳の少年GKが死亡(SOCCER KING)

フットサルのボールは危険かもしれんな。
VF誘発かな…可哀想に。
ぜってーゴレイロやらねーよ
胸筋鍛えようかな…
痛まし過ぎる事故……
だね。子供に多い。衝撃と拍動のタイミングが悪いと止まる。少年野球では胸のプロテクターが普及してきている。他のスポーツでも考慮すべき。AEDが有効。常備!

で悲劇…PKを胸でストップした12歳の少年GKが死亡
悲しい出来事に胸が締め付けられる思い。悲しくて悲しくて仕方がないよ。
フットサルをプレーしていた12歳のGKが、PKを胸で止めた後に亡くなった。スペイン紙『El E
以上

記事本文: フットサルで悲劇…PKを胸でストップした12歳の少年GKが死亡 | サッカーキング

関連記事

画像で見る主要ニュース