TOP > 科学・学問 > www.scicomsociety.jp > 関西支部勉強会 ...

関西支部勉強会 | 科学コミュニケーション研究会

33コメント 登録日時:2011-05-20 22:29 | www.scicomsociety.jpキャッシュ

関西でも月に1回、勉強会を開催しています。 科学コミュニケーションに興味を持つ方であれば、どなたでもご参加いただけます。 異なる職場、異なる大学の人たちが、たまには一所に集まって、みんなで楽しく議論する。そんな場所にしたいと思います。...

Twitterのコメント(33)

第57回関西支部勉強会(1/27 18時くらい-19時半くらい)大渕希郷氏(フリーランス科学コミュニケーター)「動物園に科学コミュニケーションを導入したいひとの話」 会場: 吉田泉殿。いつものようにゆるゆるやります。
第56回関西支部勉強会(1/21 13:00-14:30くらい)上田昌文氏(NPO法人 市民科学研究室代表理事)市民は科学を変えることができるのか:「つながり」を「ちから」にする方法について 京都大学 ゆるゆるやります
第54回関西支部勉強会(3/25 12:00-13:00くらい)菊地乃依瑠氏(サイエンス・メディア・センター/京都大学広報課)「大学広報とメディアとSMC -協働的な議題構築へ向けて-」京都大学 ゆるゆるやります
第50回関西支部勉強会(10/5)中内彩香氏(京都大学iPS細胞研究所国際広報室)「サイエンスコミュニケーションへの一つの挑戦~大規模公開オンライン講座を例に~」10/5(月)12:00-13:00くらい、京都大学
明後日の科学コミュニケーション研究会関西支部で、畏れ多くも科学とデザインとか自分の活動についてお話させていただくことになりました。京都大学であるので、お近くで時間のある方はよければぜひに〜
おもしろそ
>
>第46回関西支部勉強会

>科学を"魅せる"デザインの模索とその活動
>
面白そうだが、関西か・・・。

第46回関西支部勉強会「科学を"魅せる"デザインの模索とその活動」
2014年10月20日(月)18時開始@京都大学吉田泉殿
山内 俊幸さんが登壇されます。
研究分野において「デザイン」することで何ができるのか、などなど。
科学コミュニケーションに興味がある方、デザインに興味ある方などぜひ!
そして、こちらは科学コミュニケーション研究会の関西支部勉強会です。

「研究者がみた中央省庁と大学のミスコミュニケーション―モノゴトが決まる仕組み 決まらない仕組み-」
開催日時 2014年9月8日(月)...
第39回関西支部勉強会(2/24) 工藤充氏(京都大学iCeMS特定研究員)「科学技術政策形成への市民参加:英国でのここ十年間の動向」2/24(月)13:00-15:00、京都大学iCeMS本館。要事前申込み
第29回関西支部勉強会(3/26) 岡田 健氏(大阪大学)「幹細胞研究と規制・規範」、3/26(火)18:00-20:00、京都大学
第29回関西支部勉強会「幹細胞研究と規制・規範」3月26日(火)18:00-20:00 京都大学 吉田泉殿 定員25名程度・当日参加可
3/26(火)18時~、科学コミュニケーション研究会関西支部勉強会@京都大学吉田泉殿。テーマ:「幹細胞研究と規制・規範」/ゲスト:岡田健(大阪大学大学院医学系研究科特任研究員)。
「フィールドサイエンスと医療政策 —1930年代のハンセン病疫学の営み—」  (ゲスト)廣川 和花(大阪大学適塾記念センター) 2月12日18時-20時 @阪大豊中キャンパス    (科学コミュニケーション研究会・関西支部勉強会)
関西支部勉強会(12/25) Dr. Sean Perera (オーストラリア国立大学)「Why is Science "Western"?」12/25(火)18:00-20:00、京都大学物質-細胞統合システム拠点本館2階展示室
「科学技術政策形成への参加障壁を緩和する試み」10月29日(月) 18:00-20:00 当日参加可
第24回関西支部勉強会「科学技術政策形成への参加障壁を緩和する試み」
山内保典氏(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任助教)「科学技術政策形成への参加障壁を緩和する試み」科学コミュニケーション研究会関西支部勉強会/10/29@京大
次回の関西支部勉強会、これはなんとも奇抜なアプローチの科学コミュニケーション…。
研究会のラスボスと空目してしまいましたf^_^; RT @n_akiya: 科学コミュニケーション研究会関西支部勉強会、次回は7月30日、ラボスタをされてる森下翔さんにご登場いただきます。みなさまのお越しお待ちしております
これは!(でもたぶん行けない・・・) RT @n_akiya: 科学コミュニケーション研究会関西支部勉強会、次回は7月30日、ラボスタをされてる森下翔さんにご登場いただきます。みなさまのお越しお待ちしております
科学コミュニケーション研究会関西支部勉強会、次回は7月30日、ラボスタをされてる森下翔さんにご登場いただきます。みなさまのお越しお待ちしております
すごく興味あるけど、都合つかない……。RT @jimbunshoin: 7/30(月)18時~、科学コミュニケーション研究会関西支部勉強会「ラボラトリー・スタディーズ―知識生産の現場のミクロな記述とは」@京都大学吉田泉殿。参加無料。
6/8(金)18時半~、科学コミュニケーション研究会関西支部勉強会@京都大学物質‐細胞統合システム拠点本館2階セミナー室。テーマ:「産学連携」で何が起きているのか/ゲスト:前波晴彦(鳥取大学)/要申込。
明日か。
RT @hatoriyo: 科学コミュニケーション研究会第18回関西支部勉強会《インタラクションをどのように分析するのか:エスノメソドロジーの視点から》
4/20 18:30-20:30 @京都大学
【お知らせ】科学コミュニケーション研究会は関西支部と関東支部の2本柱で活動しています。関西支部の情報は以下からご覧ください。
サイエンスコミュニケーション関係の勉強会,東京や関西ではよくあるんだけど,・・・・・行きたいけどなかなかいけないんですよねぇ。。。
【イベント】科学コミュ研究会・関西支部勉強会:楠見孝氏「科学コミュニケーションを支える市民リテラシーと批判的思考:食品と放射能のリスク認知の事例から」
彼の地で盛んなサイエンスアートの闊達な現場にも行くとよいと言っておいたけど体験できたかな. RT @east_j_higashi 「科学コミュニケーション活動の評価における苦労と苦悩〜オーストラリアにおける在外研究からの土産話」18時京大吉田泉殿
「科学コミュニケーション活動の評価における苦労と苦悩〜オーストラリアにおける在外研究からの土産話〜」 講演者は欧州国立大学・科学意識向上センターに2ヶ月滞在した加納さん。明日の18時から京大吉田泉殿で行います。まだ少し席があるのでよろしければどうぞ
「科学コミュニケーション活動の評価における苦労と苦悩〜オーストラリアにおける在外研究からの土産話〜」(加納圭(京都大学)) 5月27日(金) 18:00-20:00
以上

記事本文: 関西支部勉強会 | 科学コミュニケーション研究会

関連記事

画像で見る主要ニュース