TOP > IT・テクノロジー > Publickey > IBMとソニー、...

IBMとソニー、磁気テープのカートリッジひとつで330テラバイトに相当する記録密度の技術を実現。今後10年間にわたって磁気テープが進化する可能性を示すと - Publickey

23コメント 登録日時:2017-08-03 00:25 | Publickeyキャッシュ

「少なくとも今後10年にわたって、カートリッジあたりの容量を2年ごとに倍増させる可能性が示せた」(IBM Research Mark Lantz博士)。 IBMは、ソニーストレージメディアソリューションズ株式会社が開発したスパッタリング磁気テープの試作品を用いて、磁気テープの記録密度の新記録となる1イン...

Twitterのコメント(23)

テープは廃れたって思っているひと多そうだな /
確か日立辺りが石英だかの結晶にに書き込む技術発表してたけどそっちの方が厨二心刺激されるので早く出して欲しい / "IBMとソニー、磁気テープのカートリッジひとつで330テラバイトに相当する記録密度の技術を実現。今後10年間にわた…"
磁気テープは速度がっていうけど最新のやつめっちゃ速くない? フルバックアップならHDDより早くて堅牢説ワンチャンありそうだけど / "IBMとソニー、磁気テープのカートリッジひとつで330テラバイトに相当する記録密度の技術を実現…"
ここにきて磁気「テープ」なのね。
テープすごい頑張ってる。同じ磁気記憶でも HDD が停滞しているように見える中、何がそこまで差を分けてるんだろう? / "IBMとソニー、磁気テープのカートリッジひとつで330テラバイトに相当する記録密度の技術を実現。今後10年…"
単価が気になる。『IBMとソニー、磁気テープのカートリッジひとつで330テラバイトに相当する記録密度の技術を実現。今後10年間にわたって磁気テープが進化する可能性を示すと』
磁気テープ復活ですか…またオープンリールを巻く日々が…
> IBMとソニー、磁気テープのカートリッジひとつで330テラバイトに相当する記録密度の技術を実現。今後10年間にわたって磁気テープが進化する可…
大容量なのは素晴らしいが、読み書き速度が気になる /
テープも地味に改善されてるね。書き込みや読み取りスピードはどれくらいなんだろう。
容量面での進歩が止まらないから中々コストで他メディアに座を明け渡さないな -
今後のデータ増加を考えたらそれ位の容量は欲しいよね。
密度も大事なんだが、オープンリールのテープ並に雑に扱っても大丈夫にならんか
ランダムアクセスwwwとか思ったけど例にある測量船が何ヶ月もデータ取り続けるようなケースには確かに有用だな。日常的に取り続けて何か起きた時に参照する様な用途向きかな(監視カメラ、ドラレコ、サーバーログ、 / "IBMとソニー、磁…"
Ibmとソニー、磁気テープのカートリッジひとつで330テラバイトに相当する記録密度の技術を実現。今後10年間にわたって磁気テープが進化する可能性を示すと
HDDがSSDに食われて滅亡しつつある中、テープの頑張りは凄いな。チェンジャーと組み合わせたら世界中の有りとあらゆるデータを飲み込んでしまいそうだ / "IBMとソニー、磁気テープのカートリッジひとつで330テラバイトに相当する…"
磁気テープが高性能になれば、glacierが安くなる? /
夢のある話 /
なかなかすごい /
何だかんだで磁気テープ強い。/
以上

記事本文: IBMとソニー、磁気テープのカートリッジひとつで330テラバイトに相当する記録密度の技術を実現。今後10年間にわたって磁気テープが進化する可能性を示すと - Publickey

関連記事

画像で見る主要ニュース