TOP > エンタメ > ORICON STYLE > 樋口真嗣監督イン...

樋口真嗣監督インタビュー『ビジュアルは原作に忠実に撮った―だから答えは漫画にある』 | ORICON NEWS

146コメント 登録日時:2015-07-30 09:09 | ORICON STYLEキャッシュ

1984年、造形助手として参加した映画『ゴジラ』以降、アニメ、実写を問わず、数々の現場で実績を重ねてきた樋口監督が、国内のみならず、全世界に衝撃を与える怪物漫画の実写映画化に挑んだ。...

Twitterのコメント(146)

あった。これだ。
@mymelancohoryni 一番印象的な情報は「目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がした。母親が殺された復讐を果たせたら、それでいいのかよ?って(笑)もう少し彼に負わせる十字架を重たくしたかった」ですね
うーーん、親が殺されたのが復讐の動機薄いってそんなことないと思うけどなあ…なんか遠まわしに原作を否定している気がし…
観て数日経ってもモヤっとしてるあの実写化映画。
監督は原作の映像は大事にしてくれたかもしれないけど、物語は大事にしてくれなかったからモヤっとするんじゃないかなと。
このインタビューを改めて読んで思ったよ。
進撃実写劇場版の監督さんのインタビュー。
監督さんは、エレンが母親を守れなかったことで感じた『何も守れない絶望』や『自分が生きていることへの申し訳なさ』みたいなのを、全く理解できないみたいですね。
またも原作変更。たまには原作にできるだけ忠実につくったものでもいいのに
樋口監督が喋らせたら台無しな人なのは、今に始まった話じゃないからなあ。 /
ここ読むだけで糞映画ってわかんだね。 ――
物語創作時、主人公の行動動機は主に質が問われる。悪い場合は改変を。そうでない場合は補強。従って弱いなら補強が吉かな→樋口真嗣監督インタビュー『ビジュアルは原作に忠実に撮った―だから答えは漫画にある』|
何かイマイチ???
「目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がした」へえ。男から見たら母親殺されるってことは軽いのか
さっきの実写版進撃の話なんだけど、この記事の後半部分にある「母親が食われたから巨人に復讐するという動機が男として弱い」から「ミカサを奪われたから」にしたというのは納得がいかない。何故そうしたの…
ミカサを取り返す物語・・・バカじゃねーの、ホント。 //
・男が女を寝取られる話にした
・巨人は電車の酔っ払いと理解した
・感情移入できなくておっさん入れた
・「俺もまだ若いな」と思った
以上です
"目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がしたんです"

発言叩かれてるみたいだけど、動機とか、インパクトとして弱いって意味では?/ "樋口真嗣監督インタビュー『ビジュアルは原作に忠実に撮った―だから…"
樋口監督インタビュー『ビジュアルは原作に忠実に撮った―だから答えは漫画にある』 |
記事タイトル含めて全ての項目の回答にポカーン( ゚д゚)
話にならん。親の死よりNTRのほうがつらいとかなにそれ。
えっ樋口さんの若さへの羨望と自己満足の映画…?うん…でもなんか分かるな…分かり始めてるな自分。イヤ、でも音楽のセンスはこれほどわたしは昭和じゃないわ。。。 |
実写版進撃の巨人
これを読むと、監督の作品理解がとても低いことがわかる。これはおもしろくなるはずがない。
「ビジュアルは」と言いつつ、その後超大型巨人の大きさが倍になった話しててわけわからん。雰囲気は忠実だったと思う。/
じゃあこの監督さんは
自分の母親<好きな女,幼馴染 なの?w
監督以前に人としてどうなんだよw
さっきまでの映画への期待度返せw
実写版『進撃』の監督インタビューの
>の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がしたんです。
燃えてるけど、保守派の人が不孝者として糾弾してるんでしょうな。
えええええ、、、、。。。
余計な恋愛要素はゴミ量産のフラグだけどどうなんだろうなこれ →
は?十字架って恋愛?戦場で親を殺された子の心には想像を絶する十字架が刻まれると思うけど→目前で母が食べられただけでは男として弱いので、エレンに負わせる十字架を重くするため、奪われたミカサを取り返す物語にしたという監督
マジでした(白目) 
インタビュー記事って発言者が意図しない(笑)とかが入ることが多いらしいですが、そういう事じゃねぇって感じに酷い。
シキシマのキャラが本当にダサい。ダサい大人が考えた「格好いい大人」って感じ。ミカサの扱いにもダサい大人の臭いがしたし。母より女取られて怒るってキャラ設定もダサい。 / "樋口真嗣監督インタビュー『ビジュアルは原作に忠実に撮った―だ…"
巨人絶対殺すマン→NTRれヒーロー
確かに言ってるな…意味わからん。
へぇ・・・シキシマは監督を投影したキャラねぇ・・・
懸想していた義妹を振り向かせるためって動機もちょっと。 /
「ビジュアル(だけ)は原作に忠実に撮った」「エレンは寝取られ属性にした」「シキシマはオレ自身」
原作丸無視じゃん。原作否定してるってことだよね。
これか。「母親が殺された復讐を果たせたら、それでいいのかよ? って(笑)。」
いらん設定追加は勘弁して下さい
劇場版進撃で主人公の復讐の理由がNTRになったのは原作者と話した結果っぽいのが。
怒ってる原作ファンは本当不憫ね。
母親とヒロイン(恋人)の命(死)を天秤にかけた製作陣だが、これがハンター試験なら会場まで行けずに死ぬタイプ。 /
実写版進撃の巨人監督インタビュー
母親よりも彼女をなくした方が男としてふるいたつ?
は?
おかしいと思う俺はマザコンなのか?
??>目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がしたんです。母親が殺された復讐を果たせたら、それでいいのかよ?
樋口「いちばん大きく変えたのは、エレンの(巨人に立ち向かっていく)動機でした。目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がしたんです」
あー、これはダメだ。
映画見たわけではないけど、すごくジェネレーションギャップ的なものを感じる……
@msy00 あとそのインタビューってこれだよ   他の「男」とは言ってないものの、結局幼馴染or恋人がNTRれる>母親の死って価値観らしいからそれが根本的におかしい 巨人にミカサが奪われたんならともかく
この「男として弱い気がした」ってところからただようホモソ感は.
@0127Takara
取り敢えず監督インタビューの全文のURLと
僕が特に気に入らなかったとこです
ううん進撃、このインタビューを読む限りだと、個人的に納得できなかったのですよな…
実写版進撃の巨人、事前インタビューで「舞台はドイツではない」「原作とは違う話になる」と発言あったし。あと、今後の原作の展開を邪魔しないのかな:「答えは
忠実ってなんだっけ
改変の話は人間ドラマの部分か。母親の死が巨人を一匹残らず駆逐する動機なんだから変えちゃダメな気が… /
「目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がしたんです」ってお前それBJの前でも同じ事言えんの?ってやつだな。でも原作者と話した上でのことだからもはや何も言うことはない。
@akyssdnr こんにちは。件のインタビュー記事は、このオリコンの記事中段から下部分かと。
インタビュー読んだらすごく見る気失せた…
@puni_rs @Idolomorphadent @ao_itirou これこれ。アレンジのしかたが…
樋口真嗣監督インタビュー『ビジュアルは原作に忠実に撮った― 〜 |

主人公の動機を変えると言ったのはプロデューサーと映画秘宝に書いてあって、それは構わないし、意図もわかるけど、撮った画がアレかよ、という不満はある。
@norox88 このインタビュー( )読む限りだとちょっと「……」ってなることを仰ってて…;;原作と実写は別物なので、設定は変えていいと思うんですけど、そういう風に言わなくてもいいんじゃ…??って感じでしたね…;;
母親がっていうか、母親を含めた自分の大事なもの、人間の尊厳が第一話で全部ぶっ壊されたからの「駆逐」なんだと思うが。
『母親を殺されたから戦う』なんて男としてアレだから取られた女(ミカサ)を取り戻すストーリーにしたとの事■そこ改変しちゃダメな所でしょミカサのキャラ的に…
何を言っているのんだお前は(画像略
乗り遅れ!これはとてつもない憤りを感じるしとても容認できない発言だね。その思考が当たり前と思っていることが信じられない。
本編内容見ないとミカサを失った理由わかんないけど、概ねそう書いてあるなー。
理由づけ強化はいいんだけど、自分たちを虐げ続けてついに肉親を奪った巨人を一匹残らず駆逐するを、単なる仇討と同列みたいに言ってるような軽さを感じる
ググったらマジで言ってた
マザコン気持ち悪い。が根底にある気がするけどねー。
「目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がしたんです。」
全文これか……全部読んでも意味不明だったわ
進撃の巨人劇場版について。
殺された親の仇討より、NTR奪還の方が動機として重い・・のか?
どうして、こう実写化ってのは。。。
なんで、日本の実写映画ってオリジナルの展開を入れようとするかなあ。
> いちばん大きく変えたのは、エレンの動機でした。母親が殺された復讐を果たせたら、それでいいのかよ? って(笑)

えぇ・・・
>目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がしたんです

弱い…のか…?
新作ゴジラが俄然不安になってきた...
樋口真嗣監督インタビュー『ビジュアルは原作に忠実に撮った―だから答えは漫画にある』(1/2)
主人公が巨人に立ち向かう動機が母親を食われたでは、男として弱い気がした。もう少し彼に負わせる十字架を重たくしたかった。(続く)
地上波放送期待してますね><
"目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がしたんです"おお、本当に言ってるぞ樋口監督!父と妹も殺られないと動機が弱いんですね(風見志郎) / "樋口真嗣監督インタビュー『ビジュアルは原作に忠実に撮った―だから…"
……エレンの(巨人に立ち向かっていく)動機でした。目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がしたんです。母親が殺された復讐を果たせたら、それでいいのかよ? 
実写版「進撃の巨人」樋口真嗣監督インタビュー
復讐の動機はむしろ映画のほうが弱くなってね、というのが素直な感想(´・ω・`)
これか。原作改変するなら登場人物の名前借りずにスピンオフとかにすればいいのに。
もうさ、実写化するにおいて監督って存在が必要ないんじゃない
監督の中では「母親の死<ミカサ寝取られ」らしい。こういう意識なら、成程ああいうストーリー展開や演出にも納得だわ。ないわ。
(*´ω`)やはり監督とは相容れない気がする…
@monatsu  NTRまでは書かれてないなあ
色々と酷い
原作と別物っていったり忠実だ言ったりどっちなんだよ!
このインタビューのエレンの戦う理由の改変のとこを読むと、あぁ……wってなるw
話題性だけ掻っ攫いたいクソサイトを見る前に、こっちを読んだ方が、文脈から真意は伝わるな
見てみたい映画だけど、見る気を削ぐ発言を監督がしているよなぁ、と思います。母親を目の前で食われることが一番の衝撃でしょ
インタビューも読む価値のない内容ばかり。なんでこんな上から目線なの???ゴミにしかできないんだから設定変えんなよ。
えええまさかのエレミカ要素!?
すっっごいこの映画のなにもかもに批判的だけどエレミカなら観に行かないといけないじゃん_(꒪ཀ꒪」∠)_
監督インタ→
ビジュアルはよかったよ。リアリだった。ただエレンの本筋を変えてしまったのが残念である。親が目の前で食われた復讐が男として弱いのか?? 女を取られた復讐の方がめめっちいww そしてシキシマって誰よww
駄作な予感に満ちている→
おお~公開になったのでインタビューもりもり出てるな 読もうw   町山さんが先週のぷらすとで動機について「20歳の成人が母親を殺されてってのは一般的じゃない」って言ってたね
@kinoko366
原文これですな
いちばん大きく変えたのは、エレンの(巨人に立ち向かっていく)動機でした。目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がしたんです。母親が殺された復讐を果たせたら、それでいいのかよ? って(笑)。

あっ(察し)
進撃の巨人に限らず、漫画の実写でオリジナル要素たっぷりなら原作登場人物の名前を使わないほうがいい。
女を取られたことが母親を目の前で食われるより不幸って理解に苦しむ(それだと殺す相手は恋敵が自然では)
ビジュアルはね?原作レイプはイカンでしょ
「健全な日本男子はピンチにおちいった女子パイロットをローアングルで撮る。注視点は太腿」からの「目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い」
えっ!? (;・`ω・´)
「目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がしたんです。」壮大な原作disり
は?母親目の前で巨人に食われた事より恋愛のがエレンの背負う十字架として重い?
は?頭沸いてんだろこの監督。
1ページ目最後の文章見て「うわあ…」ってなった
なんか見に行こうと思わんでよかった。
やっぱり監督ってすごいや(棒読み)
超大型巨人って実写だったのか!スタッフが7〜12人がかりで動かしてたのね:樋口真嗣監督インタビュー『ビジュアルは原作に忠実に撮った―だから答えは漫画にある』|
原作とは一体・・・
このレベルで同じものだといわれると、世の中の創作物のほとんどがパクリになってしまいますね
これを読んで、映画どころかDVDも見なくていいやとおもいました。
「目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がしたんです。母親が殺された復讐を果たせたら、それでいいのかよ? って(笑)」
リアル鬼ごっこの園子温コメントが聖人君子に思えるレベル。
もう頼むからこいつ黙らせてくれよ……もうこいつ関連の記事目にする度に腹が立つよ……
なるほど!まあー炎上してもいいかな ファ○キュー!母親をなんだと思ってるんだこの人
めったに怒らない俺が怒りモード。
この人は2度と作品を作って欲しくないね。心の底からそう思うよ。

樋口真嗣監督『ビジュアルは原作に忠実に撮った―だから答えは漫画にある』 |
@rey_065 エレンの巨人に立ち向かう動機を変更した理由「目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がしたんです」だってさ。
実写は監督か脚本家が自分自身を出さなきゃいけない決まりでもあるのか…?
@oreophrynella ちょっと的外れなリプライしてしまったな…!と思ってましたスミマセン…!ちなみに私が???てなったのはこの記事の、1ページ目の最後、ストーリーの再構築にあたってのエレンの動機解釈になる部分です…
無能&無能
クソ改変入れまくってるくせに悪評を原作に押し付けんな
やっぱり雑魚巨人がオッサンオバサンだったってことかなぁ・・・全巨人を CG 使えなかったのかなぁ・・・
「いちばん大きく変えたのは、エレンの(巨人に立ち向かっていく)動機でした。目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がしたんです。」

実写版「進撃の巨人」樋口監督インタビューより。


ふーん…。
>目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がしたんです。
自分の手から取りこぼし、奪われてしまったミカサを、どうやって取り返すかという物語にしていこうと。
樋口真嗣監督インタビュー|
>目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がしたんです。母親が殺された復讐を果たせたら、それでいいのかよ? って(笑)

ふざけるな。慎め
原作に忠実に…?諫山さんなどと話して…???
『進撃の巨人』樋口監督のコメント「エレンの巨人に立ち向かっていく動機が、目の前で母親が食べられてしまったのでは、男として弱い気がしたから変えた」が炎上中。 自分はその変更も気に入っているけど、原作の描写を否定しなくてもよかったとは思う。
>いちばん大きく変えたのは、エレンの(巨人に立ち向かっていく)動機でした。目の前で母親が食べられてしまったというのでは、男として弱い気がしたんです。母親が殺された復讐を果たせたら、それでいいのかよ? って(笑)。

ママ…
家族が殺されたっていうのは 理由として 弱いか?
また叩かれてるっぽいけど、監督の気持ちわからなくもない
主人公くん不条理なほど狂気的だったからなぁ
なんで実写監督って「俺が考えたほうが面白い!」って考えなのか。
ただの自己中馬鹿だろ
どこまでエレンとミカサ愚弄すれば気が済むんだよ…(白目
「自分の手から取りこぼし、奪われてしまったミカサを、どうやって取り返すかという物語にしていこう」 何を言っているの?
じゃあ漫画を読めばいいじゃない
少年期にかーちゃんが喰われるよりお節介なミカサがどうこうの方が重いかー
そもそも外に出たいってあったと思うけどなー
オカンが目の前で食われたのは
巨人絶対コロスマンになるには動機が薄いとな
これ読んだだけでもう見る気失せたからね……
エレンにとって何を失うのがつらいか=ミカサってとこまでは理解した。
それがなぜ巨人駆逐になるのか。
あかん改変な気がしてならない
エレンの動機の部分、母親殺された復讐で何が弱いのか。恋愛脳の人なら理解できるのかな。私には分からない。
やっぱどこかずれてるなあ…
@ozone_1o 全文は更にやばいです。恐らく特撮業界の老害枠になりますねこの方...来年は庵野と作ったゴジラ公開ですよ...
実写版進撃の巨人だけど監督がこんなアホじゃしかたねえわ るろうにの監督がやりゃよかったのに
う〜ん…観てみないことには何とも言えないけど…
やめたらこの仕事
実写映画『進撃の巨人』恋愛要素について
監督「エレンの(巨人に立ち向かっていく)動機
男として弱い気がしたんです。復讐を果たせたら、それでいいのかよ?って(笑)」

これが原作改変の流れ……
この監督なんもわかってない&自分を投影したキャラを登場させるためにリヴァイ兵長の代役いれるとかキモイの一言だな
映画はそれなりだったから余計なこと言わなきゃいいのに
破壊魔定光理論だな
こけたら原作の所為!おれは悪くねえ!
「進撃の巨人」で取材させていただきました。樋口真嗣監督から「赤ひげ」のお話が聞けて、おもしろかったです。年配の方にも楽しんでいただける映画だと思います。よろしければご一読ください。→
「5年前までは、20代の主人公に自己同一化できていたのが、さすがにできなくなりはじめていて。撮っていて"あ、俺は春馬のきらめきに自分を重ねられない! もうダメだ!!"って。」
以上

記事本文: 樋口真嗣監督インタビュー『ビジュアルは原作に忠実に撮った―だから答えは漫画にある』 | ORICON NEWS

関連記事

20コメント 2016-08-22 08:15 - www.itmedia.co.jp

画像で見る主要ニュース