TOP > ニュース総合 > 沖縄タイムス > 地位協定の違い、...

地位協定の違い、日本とイタリア・ドイツで「あり得る」 河野外相が認識示す | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

38コメント 登録日時:2018-11-08 13:25 | 沖縄タイムスキャッシュ

 【東京】河野太郎外相は7日の参院予算委で、日米地位協定が、イタリアやドイツなど他国が米国と結んでいる地位協定に比べ劣っているとの指摘を受け、「NATO加盟国間の相互防衛の義務を負っている国と、それと異なる義務を負っている日本の間で地位協定が異なるということは当然あり得る」との認識を示した。...

Twitterのコメント(38)

「国内法が適用されない」「国内の空を自由に飛べない」
こんな国が先進国にあるのが不思議!同時に許容する政権も!

 ニュース |
河野さんって、沖縄の次に基地負担が重い神奈川県に選挙区があって、議員時代は地位協定改訂に積極的な立場だったような気がしたけどなぁ~🤔
こんな馬鹿野郎が大臣をしている国は日本くらいなもんだろう...?
日米地位協定は,不平等なだけでなく,屈辱的だ
これでいいというのか!?

 ニュース | 沖縄タイムス+プラス
私が以前から主張している通り、伊独は互いの軍隊が『相互防衛』義務を負っていますが、日本は憲法の縛りで軍隊を持たず、その為『相互防衛』が出来ません。それはつまり米側が日本を防衛する『片務条約』であり、その見返りとして米側に有利な条件が定められているのです。
変節無限大。世襲議員の最大の目的は「利権のゴーイングコンサーン」であって生き残りのためには如何なる変節、醜態も許容されるのです。利権でオイシイ思いをしているならともかく、そうでないなら全く信用することは出来ないです。
米軍の駐留に至った(三代続くアメリカの犬という)背景、歴史もそれぞれ違う。
"安倍晋三首相は「ドイツやイタリアはNATO加盟国で、根拠条約の北大西洋条約は加盟国の間で相互防衛義務を定めている。
(中略)
そうした背景も考えながら、地位協定を比較しなければならない」と説明した"
@theokinawatimes

日本政府は日米地位協定を改定する気もなく、沖縄に辺野古基地建設を進める方針で、自衛する気もないのに憲法9条を改正しようとしている。そんな政府の支持率が40%

なぜ⁉︎
結局日本はひどいという話では?


「ドイツやイタリアはNATO加盟国で、根拠条約の北大西洋条約は加盟国の間で相互防衛義務を定めている。他方、日米安保条約は米国への基地提供義務を定め」
外務大臣が他国の差別的扱いを甘受するというのか!驚き。明治日本の政治家があんなに頑張って不平等条約を換えていたのに。政治の堕落だ。。
話はズレるけど、環太平洋版NATOを作れないのか。。
対中包囲網としても機能するだろうし。。
河野氏の「リベラル」色はきれいに消え落ちた。「イタリアやドイツなどの地位協定は国内法令が適用されるのに対し日米地位協定は適用されないなど他国と比べ『不平等』との指摘があるが当然視する発言。全国知事会は日米地位協定の抜本的な見直しを求めている」
朝鮮戦争終戦宣言がされる時、安倍政権与党は、米に地位協定改定を迫れなければアメリカ隷属だけの売国奴ということになる。

地位協定の違い日本とイタリア・ドイツで「あり得る」
要するに「米国様に文句は言えない」ってことだろ。認識などというレベルじゃないよ。

『地位協定の違い、
 日本とイタリア・ドイツで「あり得る」
          河野外相が認識示す』
(沖縄タイムスプラス)
んっ?今の政府は現在の地位協定で十分であるという見解なのか?
地位協定を他国並みにするためには戦争ができる国づくりをしなければならない
NATO加盟国との違いの問題?違うでしょう!日本は、軍事的にも経済的にもアメリカに従属しているのであって、対等ではない。
河野外相が認識示す。
地位協定の問題を問題と思わない人が外相では駄目ですね。
あのね。野党の追及全然ダメです。他国と比べ「不平等」な日本。このレトリックから卒業しましょう。他国(共同防衛義務を負っていないフィリピンでさえ)は米と「対等」なのだから日本も、です。
日本は、アメリカに頼りきりだから、我慢せんといけんという主張らしいが、それが なんで沖縄だけに押し付けてんだ?という話です。
>河野太郎外相は…「NATO加盟国間の相互防衛の義務を負っている国と、それと異なる義務を負っている日本の間で地位協定が異なるということは当然あり得る」との認識を示した。
安保は相互防衛の義務を負っていないことを認めたわけだ。では安保とはなんなのか?なんの義務があるのか。それに、いくらつぎ込み、何人の日本人が、戦後米軍によって犠牲になったのか。
「相互主義」だからね。共産党は日本単独での防衛が有効だと考えてるのか、それとも敵の軍門に降りたいのか。言えよ。
変わり過ぎなゴマメ・・・
地位協定を抜本的に改めなければ、属国状態は続き、日本各地での米軍基地が在るが故の苦しみはなお続く。多数の基地を要する沖縄は、無論過重負担。腰が引けてる河野太郎外務大臣では地位協定改定には遠く及ばず。安倍政権では話にもならず。ダメだこりゃ
現在の地位協定をなんとかしようとする意志が感じられない答弁。河野にはがっかりする事が多いな❗先の安保法制で相互防衛義務が日米ではセットされたんだから、NATOと同様の協定に近づけることも可能なはず。
河野外相が認識示す(沖縄タイムス) さすが「アメリカ自治領」政府外相の答弁。なんという恥ずかしい答弁をしているのか。あんたはどこの国の外相なんだ?
もしも欧米と合わせるなら、核シェアリングも合わせないとね…》
河野大臣の回答は適切。
独、伊と日米は違う。
日本の管理権は米国にまだあるからね。
自分たちに都合の良いように比較する人たち。
地位協定の違い、日本と伊独で「あり得る」 政府はこれまで、日米地位協定と他国の地位協定との比較に関し「米軍の駐留に至った背景、歴史もそれぞれ違う。一つ一つを比べてどうこうというのは、なかなか難しい」(2018年3月、衆院外務委員会で河野氏)などと答弁していた。
対米奴隷、河野太郎
質問した共産党の小池晃書記局長は「この屈辱的な(日米地位協定の)中身は当然だと。これが安倍政権の見解か」と批判した…
河野外相が認識示す(沖縄タイムス)
米軍基地は日本の管制を受けない。占領下と一緒。
イタリアやドイツなどの地位協定は国内法令が適用されるのに対し、日米地位協定は適用されないなど、他国と比べ「不平等」との指摘があるが、それを当然視する(河野太郎の)発言と受け止められかねない。
↓(引用)


アメポチ政権
現に日本と独・伊で存在する地位協定の「違い」が妥当かどうかが問われているのに、それを違いが「あり得る」かどうかにすり替えてるだけ。これも一種の「御飯論法」
以上

記事本文: 地位協定の違い、日本とイタリア・ドイツで「あり得る」 河野外相が認識示す | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

関連記事