TOP > ニュース総合 > 西日本新聞 > 平和大使演説阻止...

平和大使演説阻止へ圧力 外務省公電で判明 「高校生に退出要求もできる」 核保有国?が日本に - 西日本新聞

52コメント 登録日時:2017-11-14 08:47 | 西日本新聞キャッシュ

2014年以降、毎年8月にジュネーブ軍縮会議で核兵器廃絶を世界に訴えてきた日本の高校生平和大使の演説が今年は見送ら......

Twitterのコメント(52)

うわぁ…中国よりタチ悪いし、昨年オバマ前大統領が広島でスピーチしたのを受け入れた意味もわからなくなる…
政治的理由によって外国の高校生から発言の機会を奪った国こそ侵略の野望に燃えているに違いない。
核保有国?が日本に 同国の軍縮大使は「自分は高校生に議場から出て行くよう求めることもできる」などと日本の軍縮大使に迫・・
「大人げない」とは、こういうことか。海苔の下は…やはりお米か。
これが唯一の被爆国である日本国の政府がやることなのか?
ここまで僕ら日本人は落ちぶれたのか?
貴方はどう思いますか?。
ところでこれを安倍政権のせいにしてたやつちゃんとごめんなさいしたの?
不甲斐ないな日本。
これ、アメリカかな。高校生の演説を恐れて弾圧する核保有国哀れ。→
やっぱりね。という感じ。
平和大使演説阻止へ核保有国?が日本に圧力
>核保有国とみられる一部の加盟国が今年2月以降、高校生にスピーチをさせないよう日本政府に圧力をかけていた…
なんちゅー国かわかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁというお話?(ワカルワ
〈拡散希望〉 この事実を世界中の人々に伝えたい。
いったいどこのUnited Statesの圧力なんだ…
見てる: 。これか。
これが真相なんですね。
「報道機関に公開されている場で止められてしまいかねない」というのは、高校生のことを考えたのではなく、かかる某国がこのような妨害行為を公衆の面前で行い世界的な評判を落とすことになることを懸念してのことだから、どこまで属国なのかと言う
外務省の無能さをよく表しているな。
あいつらはほぼ全員入れ替えるしかないよ。
外圧があったからだー、って。/
外圧によって別途場を設けたのは以前からコメントされていたし、米国云々と騒いでいたトコロがソコに触れてこないのだから、そゆコトなんだろ (^_^;
この新聞社黒塗り拡大するまではアメリカだと思ってたようだな.米国への忖度とか核の傘とか書いてあったから. /
やっぱりね!
核保有国が高校生平和大使の演説阻止のため日本に圧力//
↓やっぱ██ってクソだわ()
なんじゃこれ。→
「当初強く反論していた日本側も見送りに応じた。」
露骨に外圧に屈してて擁護にも値しない。
西日本新聞にこんな記事が・・・。
「 核保有国?が日本に」(西日本新聞)
高校生が無垢とか、高校生を舐めすぎでは?
これは良いとくダネだ。こんな風に日本外交筋に言える国はそうそうないでしょう。妥協してはいけないところだが、首相があれだからそうなるのか、と言われかねない。鈴木先生のコメントも必読。
「核なき世界」への日本の立ち位置をもっと明確にし、核保有国と非保有国の橋渡しのための政策をきちんと作っていくべきだ。
保有国でこんなあからさまなことする国か…つか、やりそうな国ばかりだわ>
どこの国だろう。
相手国がどこであれ、核兵器については譲れないという姿勢を見せるべき。それだけの理由が日本にはある。 /
一体■■■■合衆国なんだ…(すっとぼけ)
これが現実。核被害と安全保障とは立て分けて考える必要があります。お花畑思想では国が滅亡してしまいます。日本こそ核武装したらどうなのか。
核保有国も高校生のスピーチに脅威を感じていたということか。
すげえな、これ。
全くけしからん。こんなことするなんて、どこリカ合衆国なんだ。
「公電の国名は黒塗りされているが、前後の文脈などから核保有国とみられる。」
スクープ。西日本新聞、褒めましょう。

褒め言葉はお電話で。↓
お客さまセンター
TEL/092-711-5331(平日10~18時、土曜~14時、日・祝日休み)
アメリカじゃないかな。 /
「核保有国とみられる一部の加盟国が今年2月以降、高校生にスピーチをさせないよう日本政府に圧力をかけていた」 ※どこの国?
外圧に屈したってことか /
官房長官会見で、来年以降は外務省が適切に対応って
これは酷い話だ。そして、日本政府こそ、この圧力(というよりも脅し)の存在を明らかにすべきだった。
どこの国だろうねぇ… 言わずもがな。
物証があるんだから反論のチャンスを与えた上で、どこが圧力をかけたのかを報じればいいのに。→
「核保有国とみられる一部の加盟国が今年2月以降、高校生にスピーチをさせないよう日本政府に圧力をかけていたことが、西日本新聞が入手した外務省の公電で分かった。」
核兵器国「軍縮会議の手続き規則は、高校生が政府代表団の一員になることを認めていない」「毎年続くようであれば、しかるべき対応をせざるを得ない」とスピーチの見送りを求めた。
河野大臣のブログの裏付け記事。
以上

記事本文: 平和大使演説阻止へ圧力 外務省公電で判明 「高校生に退出要求もできる」 核保有国?が日本に - 西日本新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース