TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 羽田―米国便、昼...
20コメント

羽田空港の国際線ターミナルに並ぶ旅客機 日米航空当局は18日、東京で日米航空交渉の3日目の協議を開催し、羽田空港を昼間に出発する米国路線の発着枠を設定することで合意した。羽田は現在、深夜早朝だけの8便で就航先も米西海岸とハワイ路線だけ。合意により羽田発着の米国便が増え、ニューヨークなど米東海岸にも就航する見通し。 有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけ...


Twitterのコメント(20)

羽田、便利になるね!(でも過密にもなる…今でもかなりシビアに管制されてるんだけど…)
大変残念。 /
やったぁ😈❤️
嬉しいニュース😊✨
アメリカ系エアラインの採用が増えることと、日本系エアラインのアメリカ便が大幅に増えることにより、これから採用に大きく関わってきます。
「 」これは、羽田-ニューヨークは、アメリカンが来るのかな。
みんなが望んでいたことです、ようやくまともになりました。
俊輔くん、アメリカと行ったり来たりが楽になるね。
地味に嬉しい:
日本の航空会社でやろうな
3年連続で乗っている西海岸深夜便が存亡の危機。 何とかして真夜中までにLAXにレンタカーで乗りつければ、早朝に東京に着いているNH1005はすごーく便利なのに。
ひとまず昼間10便+深夜早朝2便で決着したようですね。深夜はハワイ線だけなんだろうけど、昼間の便をどう割り当てるのか、それからデルタの動向とか気になりますね~
すっごい嬉しい。めっちゃ便利じゃん
これは便利になるなぁ!(^^)!
素晴らしい!ANAにとって良いかな?
昼に乗れるのはありがたい。
東海岸行きが羽田から出るのは非常にありがたい。
羽田―NY便は間違いなくドル箱路線になる。これから発着枠を巡るANAとJALの激しい争いが始まる。「 日米航空協議が合意」:日経電子版
以上
掲載元: 羽田―米国便、昼間も就航へ 日米航空交渉が合意  :日本経済新聞


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

43コメント 2016-02-18 18:07 - www3.nhk.or.jp

羽田空港のアメリカ路線について、16日から行われていた日本とアメリカの政府間の航空交渉は、これまでゼロだった昼間を含む時間帯に10往復の発着枠を設けることで合意しました。 これは石井国土交通大臣が記者団に対して明らかにしました。それによりますと、16日から国土交通省で行われていた日米両政府の航空交渉は、深夜・早朝の時間帯に限られている羽田空港のアメリカ路線について、昼間を含む時間帯にも発着枠を開...[続きを読む

画像で見る主要ニュース