TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 学習塾が学童保育...

学習塾が学童保育 英語もプログラミングも  :日本経済新聞

39コメント 登録日時:2018-11-09 12:24 | 日本経済新聞キャッシュ

学習塾各社が小学生を預かって英語やプログラミングなどを教える新しい学童保育に力を入れ始めた。学童保育に入れない待機児童の受け皿を作るほか、小学校での英語必修化などの教育改革に対応する。主に共働きで子...

Twitterのコメント(39)

友人の学童保育が月5万越えといっててビビったが増えてるみたい。受験も同じ塾で、知り合いもいるし、といった感じか。高いのは全体の2、3%とかみたいだけど。これも二極化の一つか/週5日利用で月額料金は約6万円と、4千~8千円が一般的な公立に比べ10倍程度高
統一教会式思想統制するフランチャイズ塾を使えば日本人を養鶏場の鶏のように子供のうちにしてしまえる。
自論では、英語も論理的思考能力だ。

コミニュケーション能力とは別で考えた方が良い。
学童保育じゃなくて、これは英会話教室だ。毎月6万なんてお金、払える家庭は限られる。こうやって学習機会の差が収入の差でどんどん大きくなっていく。
今時の子どもはタイヘンだ。経団連のご意向で英語もプログラミングも初等教育課程に入れられちゃってね。同じ経団連はAI導入にも熱心だ。そもそもAI入れたら英語もプログラミングも要らなくない?そうか、子どもをAI化するのか…。
いいコンセプト、サービス。高いけど、ハマる人にはハマるのでは。
この分野におけるニーズは、相当高いものだとおもわれる。どうやって弊社の素晴らしいサービスを拡散させるか?ほんとなにもしゃべれない子どもが嬉々として会話するようになる世界観。スゴイことだと思う。
学童の世界だと今更感があるが、保育の世界はやっぱ効果に半信半疑だったり信頼度の問題でまだあまりビジネスにならないかな
将棋もやってくれないだろか…平日の学校帰りに寄れるとこ、なかなかないんだよね…学校の近くとは言わないから、せめて近鉄名古屋線の駅近くで。
少子化時代なのになぜ待機児童?という議論は一旦置いて、就学前の児童教育がなぜ義務化されないのか、そこ問うべき。簡単でしょう、昔に比べたら。児童虐待まで起きている時代になぜできないのか?政治でしょ!
主に共働きで子供の教育にお金を惜しまない世帯向け。貧困層とますます格差が開くことになりはしないか。。。 #教育の格差 #教育 #教育問題
良い試みですが、それなりのお金が必要ですね。
低所得者やシングルマザー/ファーザーは厳しいかも

「 英語もプログラミングも:日本経済新聞」
紙面(夕刊)の方で見たけど「パワーカップル」という言葉に、これぞ持つ者持たざる者…という印象。
こう言う学童も、田舎では難しいが、都会では成り立つんだろね〜
これいいな・・
幼保一体や、小1の壁突破のマクロトレンドとして自然な動き。

が、「What is this?」「It's citric acid.」(クエン酸)はレベル高すぎ。どんなシーンじゃ
ついに世の中が必然的な流れに気がついたようです(^^)
施設には英語のネーティブ講師と日本人のバイリンガル講師が常駐し「英語漬け」で過ごせるのが特徴だ。
ーー子供も学校から帰って、やれやれと思う暇もないのか。。
ちょっと舵を切れば,うまくニーズに合致する。
あらゆる公的サービスを民間委託して誰得なのだろう。お金が有り余っている富裕層は歓迎するだろうが中間層や貧困層は?税金を納付してもらっているのだから公的サービスや予算に手を抜くべきではない。どこに予算を回すつもりなのか。
英語もプログラミングも:日本経済新聞
これとてもありがたい……。学習塾だけじゃなく色々な習いごとでもそうなってくれたら子どもの好きをとても伸ばせる。たとえば画塾で学童も兼ねたところがあったら、お絵描き好きなうちの娘は喜んで毎日通ったと思う。
ビジネスチャンスだな。
これからの主流になりそうだよねー。
大人も気軽に通える、プログラミング教室探してます(^o^)
ならば、ここに公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンの推進するスタディクーポンを投入すべきではないか。自治体から支援を必要とする子どもたちの情報を共有してもらい、誰でも学ぶ機会を保障して行こう!→
需要ありそ。
受験戦争に勝ち残るために営利目的がまかり通るのは致し方ない。資本主義を選択するリスクでしょう。学童保育まで営利が目的に組織的な囲い込みは教育の平等に余りにも逸脱している。
グッドアイディアです!流石は日本人の知恵です。一石二鳥どころか、三鳥です。
なんとかお手頃価格で提供頂きたい!!!
共働きで子供の教育にお金を惜しまない世帯向け
とか、お受験とか、嫌なひびきやなあ。
昔と子どもの生活スタイルが大きく変わるなぁ。
こうして学校外における教育格差がまた拡大してゆく
すごく限られたエリアの話に聞こえる。知り合いが通わせてる類似の場所は、都内だけど年度内で閉じることが決まり、来年度からどうしてらい...
主に共働きで子供の教育にお金を惜しまない世帯向けに教育内容を充実させて、「お受験」対策で塾に通い始める4年生になる前の子供を囲い込む狙いだ。
ますます金を持っているかどうかで子ども達に格差がひらく
公営学童だけでは子供が「飽きる」ということもあり。こびとさんが習い事半分、楽しみ半分で行けそうな民営学童 週1(公営併用、週5も払いきらん)は検討中.. >
プログラミング家庭教師とか需要ありそう。
備忘録として。 /
以上

記事本文: 学習塾が学童保育 英語もプログラミングも  :日本経済新聞

関連記事