TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > メガ銀行に給与口...

メガ銀行に給与口座の会社員、キャッシュレス比率は50%超 金融庁が試算  :日本経済新聞

24コメント 登録日時:2018-11-09 12:44 | 日本経済新聞キャッシュ

3メガ銀行に給与振込口座を持つ会社員らのお金の流れをみると、クレジットカード代金などの口座振替や振り込みが54%を占め、現金の引き出しは45%にとどまることが分かった。金融庁が9日、国内のキャッシュ...

Twitterのコメント(24)

光熱費や携帯などの通信費を銀行自動引落で払うのも と言われればそうかもしれないけど、今に始まった事でもないし。
その目的は、現在のテクノロジーを活用して、お金を回す仕組みを国家レベルで効率化省力化低コスト化する、ことでは?
現金の引き出し45パーセントって結構高くない?丸の内OL、計算してみたら20%でした。
にしてもメガバンクのことメガ銀行っていうの始めて聞いた。
銀行振込で給料もらうサラリーマンだったら給料の半分以上を現金で引き出して使う生活なんて考えられないでしょ。キャッシュレス比率が半分以上って普通な気がする。
「3メガ銀行に給与振込口座を持つ会社員らのお金の流れをみると、クレジットカード代金などの口座振替や振り込みが54%を占め、現金の引き出しは45%にとどまることが分かった。金融庁が9日、国内のキャッシュレス決済に関する独自の試算結果を明らかにした」
日経、キャッシュレス比率の定義を勝手に変えて、なんか煽っている。。意味不明。。
いやいや、はよキャッシュレス。銀行ATMに行くの、もういやや。
3メガ銀行に給与振込口座を持つ会社員らのお金の流れをみると、クレジットカード代金などの口座振替や振り込みが54%を占め、現金の引き出しは45%にとどまることが分かった。
ミ…ミスリード…。
家賃やローンなど振込含んでキャッシュレスとラベリングするんじゃなくて、3メガバンクメインユーザーで38兆円のマーケットがあるってことかな。カバー率どうなのかな。
メガ銀行に給与口座の会社員、キャッシュレス比率は50%超
口座振替と振込で「キャッシュレス50%超」ってドヤ顔されてもな…。
3メガ銀行に給与振込口座を持つ会社員らのお金の流れをみると、クレジットカード代金などの口座振替や振り込みが54%を占め、現金の引き出しは45%にとどまることが分かった。
奥さんに財布を握られてて、使えるお金が少ないという可能性もあるかもね。
自分の東京での生活を振り返ると、現金を使う機会は友達や会社の飲み会で割り勘する時ぐらいで、他は交通系マネーとクレジットカードで事足りた。アメリカでは割り勘すらVenmoという便利アプリで一瞬で済むので現金が登場するのはチップか、こだわりオヤジのレストランか。
現金派は寧ろ70以上の老人達だろう?
学生を除く勤労世帯で未だにカード払いに抵抗あるとか考えられないw
金融庁が試算:
現金は緊急用に持つ程度かな。
まあ今時のメガバン行員は入行するとまず店頭でカード販売させられて、クレカの楽さに気付くしな。リテラシーの違いだろ。
こうやってみるとキャッシュレスが進んでるように見える
広い意味でキャッシュレス //
日本はキャッシュレス後進国というステレオタイプに一石を投じる集計ですね。
我が家は現金1割。使途がすぐわかるようになって、随分便利になった
「キャッシュレス比率50%」という見出しになる理由がさっぱり分かりませんが、自由に使えるお金が45%なら十分じゃないかと個人的には思いました。
弊社のマネーフォワード分析で調べてみたところキャッシュ利用率は前月度実績で1.85%しか無かったよ
以上

記事本文: メガ銀行に給与口座の会社員、キャッシュレス比率は50%超 金融庁が試算  :日本経済新聞

関連記事

45コメント 9 時間前   - anond.hatelabo.jp