TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 事務代行会社を共...

事務代行会社を共同買収 政投銀と芙蓉リース 160億円  :日本経済新聞

10コメント 登録日時:2018-09-14 15:06 | 日本経済新聞キャッシュ

 芙蓉総合リースと日本政策投資銀行は14日、企業から事務作業を請け負って経理などの業務の効率化を支援するインボイスを共同で買収すると発表した。計160億円程度を投じ、株主の投資ファンドから全株式を買い...

Twitterのコメント(10)

インボイスは東証一部まで上り詰めるも、不動産に手を出して失敗。その後、MBOで非上場化していたが、身売りしたのか。/
DBJがこういうことをすると、リスクマネーを供給しようとしている民間の事業者からチャンスを奪うことになります。即刻解体してください。:::
インボイスもとうとう嫁ぎ先が決まったか。感慨深いものがあるな。

 160億円:日本経済新
「インボイスの2018年3月期決算は、売上高が前の期と比べ3%増の1368億円、純利益は42%増の42億円」
160億円: 日本経済新聞
ほー、あのインボイスがねぇ。
インボイスの創業者だった木村さんは小僧寿し売り抜けた後何してはるの?
インボイスはPEのMBKが2011年に175億円でMBOした案件で160億円で売却。
インボイスの子会社にはライブドアグループだった不動産のダイナシティがあったがサブプライムショックで民事再生法を申請するも、PEのローンスターの傘下だったゴルフ場運営のPGMが買収。
Lonestarだっけ?
 160億円:日本経済新聞
インボイスさんお久しぶりです。事務代行会社って誰かと思ったら。
 160億円: 日本経済新聞
//
全国のニュース

160億円 (日本経済新聞)

芙蓉総合リースと日本政策投資銀行は、企業から事務作業を請け負って…



#拡散希望 #ニュース
以上

記事本文: 事務代行会社を共同買収 政投銀と芙蓉リース 160億円  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース