TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 地中海のマルタ、...

地中海のマルタ、仮想通貨大国に 取引量世界一 (写真=ロイター) :日本経済新聞

32コメント 登録日時:2018-08-09 23:25 | 日本経済新聞キャッシュ

 世界の仮想通貨交換業者が2018年に入り、地中海の島国マルタ共和国に相次いで拠点を移し始めた。税率が低い租税回避地であることに加え、国をあげて仮想通貨業を育成・誘致する方針であることが理由。今や1日...

Twitterのコメント(32)

仮想通貨立国②

法制度の充実
①18年「仮想通貨関連法」可決
・仮想通貨技術の資金調達(ICO)の積極的容認
(中韓禁止/米厳しい規制/日英独注意喚起)
・明確な規定(誤情報による被害は発行企業に損害賠償責任)
→企業はICOをしやすくなる。
②仮想通貨業専門の政府機関を発足
全然知らなかった
バイナンスもokexもマルタ。凄まじい求心力ですね
発展からの規制だと思う
規制からの発展だとそりゃ遅れてく
マルタ半端ないって!
あいつ、日本置き去りにしていくもん
マルタかー仮想通貨って正直マネーロンダリングと投機用にしか残らない気がしている。
どの道、日本進出考えてなきゃ金融庁は規制出来ない。
となると海外送金を禁止するとか、海外取引所に接続させないとかある。

ほら、だからDEXであり、独自トークンを勝手に応援してるんだよ。
いつかのために。
マルタ🇲🇹の勢いすごい。
地中海のマルタ、仮想通貨大国に。取引量世界一。1日あたりの取引量はマルタが10億ドル(約1100億円)を超えて最大、次いで韓国、中米ベリーズ、インド洋の島国セーシェルと続き、日本は8位。
次いで韓国、ベリーズ。4月に5割程度占めてた日本は10%強で8位。へえ。
いまマルタにいる。
バイナンス、OKEXもマルタに移転。話題がツキなさそう!(^_^;)
マルタで18年に可決された仮想通貨関連法では、
ICOを積極的に容認し、
投資家が誤った情報で被害を受けた場合は発行企業に損害賠償責任を負わせる等で投資家保護の規制が既にアルト
マフィアな匂い笑笑
こういうの大好き❤️タックスヘイブン💰しかも地中海!そこにはネットのサーバーしかないんだぜ。:
これって日本円のシェアが減っただけで相変わらず日本人が多く取引してる可能性もありますよね。
日本 仮想通貨取引量首位陥落?
マルタって…
また火は消えてないかな
マルタは法人税が5%と低く、ICOを積極的に容認し、投資家が誤った情報により被害を受けた場合、発行企業に損害賠償を負わせるなど明確な規定がなされている。
日経

税率が低い租税回避地であることに加え、国をあげて仮想通貨業を育成・誘致する方針であることが理由。今や1日あたりの取引量は世界最大
昔、マルタは出張で長期滞在しました。
長い時期失業率多くて厳しく、シンガポールのようにもなれず...だったのですが希望と言えばそうですね。金融,特許,IT...淡路島程度の面積の国が発展するには形が無いものをお金に変えないとね..
それとも再び猫が国を救えるか?
税率が低い租税回避地であることに加え、国をあげて仮想通貨業を育成・誘致する方針であることが理由。今や1日あたりの取引量は世界最大。
(金融庁幹部)
『バイナンスに改正資金決済法に基づく「警告」を出した。
投資家が損害を被る恐れがあると判断し、違法行為にクギを刺した。
だが、警告を無視されると手の打ちようがない』

マルタ行くか〜(そのうち)

/ 取引量世界一
人口40万人の小国が、仮想通貨大国に。
地中海の島国マルタ共和国に相次いで拠点を移し始めた。税率が低い租税回避地であることに加え、国をあげて仮想通貨業を育成・誘致する方針であることが理由。今や1日あたりの取引量は世界最大。
バイナンスもマルタに移ったんだね。金融庁がしゃしゃり出て来てガタガタ規制強くするからこうなるw
マルタ住みたい(´⊙ω⊙`)
BINANCEやOKEXも移転をする
マルタは今や、一日あたりの取引量は世界で最も多い。
一方で日本は8位⚡️
マルタはICOにも積極的に容認していて、海外事業者を受け入れ中

EU域内でのビジネスのしやすや、
今後各国から事業者が集まりマルタは仮想通貨大国になりそう😎🌈
へぇ、過ごしやすそうなとこねとこでまた
海外の業者には日本人向け勧誘をしないよう警告されるだけで、実効力がないわけですからね
以上

記事本文: 地中海のマルタ、仮想通貨大国に 取引量世界一 (写真=ロイター) :日本経済新聞

関連記事