TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 中華料理も値上げ...

中華料理も値上げ、早すぎた米国超える習宣言のツケ  :日本経済新聞

11コメント 登録日時:2018-07-10 07:34 | 日本経済新聞キャッシュ

 米大統領のトランプが怒ると中国9億の農民の食卓まで貧しくなる――。 これは風が吹くと桶屋がもうかる式の与太話ではない。今や中国の広大な農村部に戸籍を持つ9億もの人々でさえ日々、食べる安い中国料理の必...

Twitterのコメント(11)

無益な貿易戦争、どっちが先に根をあげるんだ?世界を巻き込んで共倒れか?
なんちゅーか、大変やな… / "中華料理も値上げ、早すぎた米国超える習宣言のツケ  :日本経済新聞"
中華料理も値上げ、早すぎた米国超える習宣言のツケ: 日本経済新聞

やっぱり。中国から輸入している日本にも影響がでる?
もちろん、アメリカにも。
中国製買うのは主に低所得層、ますます生活が苦しくなる。
保護主義はいいことない。
→『中国9億の農民の食卓』と言うより『中国9億の農民の生活』が危うくなる。彼らも黙ってはいないだろう!
単なるトランプの中間選挙対策というわけでもないのだな、今回の米中貿易摩擦は。
中華料理も値上げ、早すぎた米国超える習宣言のツケ: 日本経済新聞
トランプ政権逆撫でしたんじゃないか? という話し。ただ大豆農家ってトランプ支持層と被ってそうなので、本当にチキンレースですねえ。
風が吹いたら桶屋が儲かる的な・・・
まあ違法な手段で銭儲けする恥知らずのチャンコロには必要な措置!!支持する!!日本も追従せよ!!>>
米国産大豆に25%もの報復関税を発動した結果、中国内の食い物のコストが跳ね上がる。値上げで窮するのは中国の農民や一般庶民だ。
18年後、米国は総合経済力で世界一の座から滑り落ち中国が台頭する――。これを耳にしたトランプが看過できるはずはない。危機の米国を救うため「アメリカ・ファースト」を唱えて大統領に当選したのだから。
米大統領のトランプが怒ると中国9億の農民の食卓まで貧しくなる――。

 これは風が吹くと桶屋がもうかる式の与太話ではない。今や中国の広大な農村部に戸籍を持つ9億もの人々でさえ日々、食べる安い中国料理の必須食材を米国に頼っている。
以上

記事本文: 中華料理も値上げ、早すぎた米国超える習宣言のツケ  :日本経済新聞

関連記事