TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 生産性向上特措法...

生産性向上特措法が成立 先端技術導入へ規制凍結  :日本経済新聞

13コメント 登録日時:2018-05-16 13:55 | 日本経済新聞キャッシュ

 革新的技術などの実証実験をしやすくする「サンドボックス」制度を創設する「生産性向上特別措置法」が16日、参院本会議で可決、成立した。2020年度までの3年間限定で、一定の条件を満たせば現在の規制を一...

Twitterのコメント(13)

サンドボックス制度がようやく成立!これは非常に大きな一歩といえる。あわせて、スタートアップ含めた民間企業と関係省庁とのパブリックアフェアーズがより重要に。広報機能の役割や機会はさらに広がる。
評価委員次第。
いわゆる「サンドボックス」制導入。「自動運転、ドローン(小型無人機)、電波利用の3分野に関する実証実験を、全国10カ所の特区内で可能にする」とのこと。/
お? 金融行政はどこまで?
生産性向上特措法案、成立へ 先端技術導入へ規制凍結
「国家戦略特区法の改正案も今国会で審議中」←どうせ、安倍晋三夫妻の関係者、友人だけを優遇する改正案だろ。 /
これで顔認証による万引犯データベースとかが堂々と作れるようになるんだっけ?> -
日本版規制のサンドボックス制度の法律が成立しました。3年間の時限法です。評価委員会が肝になるでしょう。
流れはすごくいいけど、結局評価する側の理解度に依存する構図。数年やって見ての成果(できれば3〜5年の時期を置いてからの評価)がちゃんと反映されるといいな。/ 先端技術導入へ規制凍結: 日本経済新聞
本質を理解出来ないアホな共産党とかが反対しててびっくりした。どこまで愚かなの?
遅すぎる。
まだまだ先は長いな。海外で考えられているようなサービスや家電が日本で使えるようになるためにとんとん拍子でいってほしい
>特区型のサンドボックスは自動運転、ドローン(小型無人機)、電波利用の3分野に関する実証実験を、全国10カ所の特区内で可能にする。
以上

記事本文: 生産性向上特措法が成立 先端技術導入へ規制凍結  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース