TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > ソニー、宇宙ビジ...

ソニー、宇宙ビジネス参入 家電技術で衛星機器量産  :日本経済新聞

39コメント 登録日時:2018-04-15 05:20 | 日本経済新聞キャッシュ

 ソニーが宇宙ビジネスに乗り出す。家電に使う技術を転用し、小型衛星用の光通信機器を量産する。米国を中心に宇宙ベンチャーが台頭し、民間主導で従来よりコストを大幅に抑えたミニロケットや小型衛星の市場が立ち...

Twitterのコメント(39)

どうせ台湾か深センで設計して、中国本土で量産するんだろ?
青島や煙台なんかは、人件費が安いぞ!笑
三菱電機息してる〜?
宇宙ビジネスは政府から受注の国策に近い面もあるので、必ずしもコスト的優位の海外勢が勝つわけではない。良い動き >ソニーは既存技術の転用で開発・製造費を抑え、光通信機器で業界標準の地位確保を目指す。
ソニーが宇宙ビジネスに乗り出す
家電に使う技術を転用し、小型衛星用の光通信機器を量産する 重さ50キログラム以下の超小型衛星の打ち上げは23年に、16年比4.6倍の460基に急増する見通し
18年秋に宇宙活動法を本格施行
おもしろそう。宇宙やるんだ、いいなぁ
ソニー、かつては完成品を高いブランド価値で売っていたが、現在はスマホに活用されるセンサーなど高いシェアを持っている。宇宙ビジネスにおいても基幹部品で高いシェア獲得を期待しているよ。ソニー株持ってないけど(⌒-⌒; )
ソニーは小型衛星用の光通信機器を量産する計画。2018年度中にJEMと地上との通信実験を実施し、2年以内に世界初となる量産を目指すとのこと。
自国領域の資源を見守るシステムは必需品。宇宙から監視システムができるだろう。、宇宙ビジネス参入
クルマ飛び越えて宇宙行っちゃったかー
まじか、楽しそう。
期待。 |
タイマーが(ry
家電に使う技術を転用し、小型衛星用の光通信機器を量産する。
家電に使う技術を転用し、小型衛星用の光通信機器を量産すると。
SONYもパナも、ここ数年ほんとに面白い!
知っている身近な企業が宇宙ビジネスに乗り出す時代かー😔
SonyCSLで光通信機器を開発しますよ、中国から買えないアメリカにも売ってきますよという話。しかし、当初は軍事にちかい用途になりそうな機器で「民生部品」の文脈の記事なのか… //  家電技術使い衛星機器
どんどん宇宙を汚しそう…
胸熱!やけどソニーで価格競争勝てるか?
ソニーが宇宙ビジネスに乗り出す。家電に使う技術を転用し、小型衛星用の光通信機器を量産する。
ソニーが参入するとは……!
もっぱらIT業界の投資先のような印象があったから少し驚き。
これをきっかけにどんどん参入していく企業が増えたらおもしろくなりそう / (日本経済新聞)
家電と違い、アセンブリの精度をもっと上げなきゃいけないのですが、どうクリアするか、実に楽しみです。
宇宙を考えると地球の事も考える。
音楽流れてきそうだよな🎵
「ソニー、宇宙ビジネス参入家電技術で衛星機器量産」

>数年前で小型人工衛星1個1億円と言っていた覚えがあるので、20-30年後は1人1個の人工衛星の時代になるかもねー
民間の宇宙事業参入の時代が日本でも本格的に始まろうとしている(^^)
例のスペースデブリ関連かと思ったら違った😨
宇宙関連の仕事したいなぁ😊
ソニーが宇宙ビジネスに算入
現在のビジネス構造がそうであるように、宇宙ビジネスも面をたくさん取る企業が勝つんだろうな
堀江さんといいソニーといい先を考えている人達は宇宙か。ぼくにはまだほど遠い。
光通信に技術を使うのか!ソニーなら調達・販促ルートもきちんと出来そうだし、よい市場になりそう。/
タイマー載せんといてや
#まちるだニュース
おお!光ディスク技術を応用→レーザーによる光通信技術の開発に取り組むとのこと。 / (日本経済新聞)
「世界の宇宙産業の市場規模は16年に3290億ドル」「政府支出は全体の23%にすぎず」「重さ50キログラム以下の超小型衛星の打ち上げは23年に、16年比4.6倍の460基に急増する見通し」 /
家電技術で衛星機器量産:家庭用のCDプレーヤーなどで培った光ディスク技術を応用し光通信機器を開発する。
以上

記事本文: ソニー、宇宙ビジネス参入 家電技術で衛星機器量産  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース