TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > AIウォーズ勃発...

AIウォーズ勃発、研究出遅れた日本 人材不足も深刻  :日本経済新聞

27コメント 登録日時:2018-03-14 06:59 | 日本経済新聞キャッシュ

 人工知能(AI)の研究・開発で圧倒的にリードし、国家・企業の競争力を高める――。この目的を達成するため、世界の先進企業・大学はAI分野の研究、開発、企画を担える人材の獲得・育成を急ピッチで進める。世...

Twitterのコメント(27)

日本の民間企業に殆どおらんよな。僕も出来んし。深刻やな
決裁者、リーダーが自動化とかAIを使う旨味を理解したらもっと増える
チェック。
どんどん人材不足・労働力不足が進んでいるな。:
システム屋を奴隷扱いしてきたツケだよ。
このニュースの見出し変わったか?AI人材の不足数は約2万7000人だった気が。AI人材の定義はおいておいて、AIのプログラムに関わる人はもっと増えると思う。
本当に不足してるという相談をよく受けます。
AmazonとAppleが登場しないのは、なんとなく分かる。良い意味で。
--
IDC Japanによれば、国内のユーザー企業が自然言語解析や機械学習といったAI技術に支出する金額は年73.6%のペースで増え、21年には16年比で約16倍の2501億円に達する見通しである。
適切なアルゴリズムだとか学習モデルを扱える人が少ないのと、マネージャー層で上手く間に挟まれる人が少ない。統計とかを極めた人が少ないっていうわけではない
AIの覇権は中国が持っていくでしょう。日本はもうダメそう。せめて、理系の大学生・院生はPython必修にしないと人材育成で他の国と戦えない。
この記事も一読の価値ありですね
日本の企業や大学は研究者や技術者を使い捨ててきたのですから、当然ですね。 /
「この状況が続けば、日本企業や国家そのものの競争力が低下してしまう」と松尾准教授。大変なことだ。 →
AIってこれまで取り組まれてなかったものなのだから、人材がいないのは当たり前じゃない?
NIPSの論文採択数でトップ40に入ったのは、東京大学と理化学研究所の2団体だけである。民間企業は1社もない。
pythonやるか
ということは、それだけこれから伸びしろがある業界ということやな。。
海外から人材を輸入すればいい
大学にもどんどん増えてますね
電電なのに強化学習やらニューラルネットやらやってるのなんかよく分からんから情報工に移動した方がいいんじゃ。
俺もまあ情報っぽいことやってるけど
日本でNIPSの論文採択数でトップ40に入ったのは、東京大学と理化学研究所の2団体だけ。民間企業は1社もない。最先端のAI研究の世界で「ニッポンAI」は出遅れている /
今今をみるのてまはなく、10年後20年後の世界を見据えたい。
「世界は「AIウォーズ」とも呼べる時代に突入した。日本企業の全てが、AIに無関心ではいられない」。
以上

記事本文: AIウォーズ勃発、研究出遅れた日本 人材不足も深刻  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース