TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 世界の頂へ必要な...

世界の頂へ必要なもの 平昌五輪で再認識  :日本経済新聞

26コメント 登録日時:2018-02-28 06:50 | 日本経済新聞キャッシュ

 日本サッカー協会(JFA)のナショナルトレセンコーチと47都道府県協会の技術委員長が一堂に会する「全国技術委員長会議」(2月17日)でのことだった。短い休憩時間に入った会議室のスクリーンに突然、平昌...

Twitterのコメント(26)

サッカーW杯へ、平昌の日本勢に学ぶべきこと:
良い事書いてるなぁ、、と思ったら山本昌邦さんだった。トルシエ時代が大好きだった私は山本コーチ(当時)も大好きです。
「年齢なんか関係ないとも痛感した。五輪を連覇してなお、羽生選手はまだ23歳だ。」

サッカーの代表論は常に議論が飛び交うので単純比較は出来ないけど、別の競技の関係者から見た興味深い意見。
すごくいい記事😂
とても素晴らしい記事なので、私も貼ります。
昌邦さんの記事は自分も同感である。
特にメディア対応、スポーツの価値についてはまさしくそのとおりだと感じる。
人間力のコメント力。山本さんらしいw
アナウンサーや解説者の言葉も磨き上げていかないとバランスが…

そだね〜〜〜( ̄∀ ̄)
とても素晴らしい記事で嬉しくなりました✨
いい記事だね。うん。-
サッカー解説者の方も絶賛してくれています(*^_^*)

 平昌五輪で再認識(山本昌邦):日本経済新聞
山本さん、ナイスです👍
スポーツ各界の反応が素晴らしい。
本当にその通り。特にフィギュアの羽生選手に関する部分は、言いたかったことを書いてくれて嬉しいです。
良記事なので私もペタリ♫
サッカー⚽️も応援しようと思います☺️
演技もすごかったが、すべてを終えた後の羽生選手のメディア対応が素晴らしかった。「これぞプロだ」と思った。
私も自分用に。
山本昌邦さんの記事
アトランタオリンピック⚽
マイアミの奇跡、みんな覚えているかな
フィギュアスケートの話もされてます。結弦さんメインで昌磨さん、大輔さんの名前も。
自分が成し遂げたことを自分の言葉でしっかり表現する。それは自分自身と、回り回って自分が身を置くフィギュアスケートという世界全体の価値を高めることにもつながる。
特にフィギュアスケート関連記事は??な事が多かったけど、書く人によってこんなにも違って輝いてくるのね、記事って。
サッカー解説者 山本昌邦さん。ありがとうございます!!
とても良い記事なので自分用にもペタリ
彼こそ「プロ」のアマチュアアスリート。言葉が陳腐だけど。
日経なのに素晴らしい記事と思ったら、サッカー解説者山本昌邦さんの記事だった→
これぞ「素晴らしい」記事。素晴らしすぎて日経のくせにというのすらはばかられる。>
以上

記事本文: 世界の頂へ必要なもの 平昌五輪で再認識  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース