TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 世界の政府債務1...

世界の政府債務10年で2倍 大規模緩和でひずみ拡大 (写真=ロイター) :日本経済新聞

16コメント 登録日時:2018-02-13 18:09 | 日本経済新聞キャッシュ

 米ダウ工業株30種平均が史上最大の下げを記録した翌日の6日。余波はギリシャに及び、この日予定していた7年国債の発行をいったん延期した。リスク回避が投資家の間で強まり、信用力の低い同国債の利回りが跳ね...

Twitterのコメント(16)

世の中からは仮想通貨が新しい鉄火場くらいにしか思われてないけれども、そもそもサトシ・ナカモトが何と戦っていたのか、振り返ってみてもいいかもね /
欧米が金融緩和の出口へと向かう中、この水準の政府債務は維持可能ではない。グローバルサプライチェーンの突然死が起きる可能性がある。:世界の政府債務10年で2倍 大規模緩和でひずみ拡大: 日本経済新聞
「金融危機後の景気テコ入れを狙い、各国政府は財政のアクセルを強く踏んだ。お金をため込むばかりの企業・家計に代わる最大の使い手として振る舞い、マネーの奔流を勢いづかせた」 /
限界になってきた大盤振る舞い。いつ、ばれるんでしょう。
米ダウ工業株30種平均が史上最大の下げを記録した翌日の6日。余波はギリシャにまで☆政府債務10年で倍 金融緩和でひずみ(写真=ロイター):日本経済新聞
あ、これチャラねという世界大恐慌。 / 世界の政府債務10年で2倍 大規模緩和でひずみ拡大:日本経済新聞
政府債務10年で倍 金融緩和でひずみ(写真=ロイター):日本経済新聞
この記事は問題だ。政府債務が増えるとなにがどう問題か一切ない。一方で、債務を増やすのを大衆迎合主義と批判する。→
歴史上、国の借金を拡大し続けた国はあっても、返済した国はない。
ざっくり年利7.2%で債務が増えたようなもんですね。
それを上回る税収を得るだけの経済成長が必要なのですが、さて。
(写真=ロイター):日本経済新聞

人間の欲望が聖書の言葉を成就することになる。
悔い改めよ。
次の景気後退は中々ヤバそう

 (写真=ロイター):日本経済新聞
減税も金融緩和にも異議を唱える経済新聞キターーーーーーーーw

 大規模緩和でひず…(写真=ロイター):日本経済新聞
今必要なのは景気刺激ではなくて、金利の「緩やかな」上昇を促す絶妙なコントロール。 そういう意味からすると、トランプの景気刺激策は少なくともいまの時点では悪手。反動が怖い。
大規模緩和でひず…(写真=ロイター):日本経済新聞
世界の政府債務10年で2倍 大規模緩和でひずみ拡大: 日本経済新聞
以上

記事本文: 世界の政府債務10年で2倍 大規模緩和でひずみ拡大 (写真=ロイター) :日本経済新聞

関連記事