TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 米国債「大増発」...

米国債「大増発」時代へ 長期金利に再び上昇圧力 (写真=ロイター) :日本経済新聞

15コメント 登録日時:2018-02-08 14:44 | 日本経済新聞キャッシュ

 【ニューヨーク=大塚節雄】米財務省が米国債の大幅な増発に乗り出し、米長期金利の上昇(債券価格の下落)圧力が一段と高まっている。大型減税に伴う歳入減や国防費の増加で財政赤字の膨張が加速する一方、米連邦...

Twitterのコメント(15)

2/7 米国10年債入札不調
はしごを外されはじめましたなぁ。ざまぁ日経
米財務省が米国債の大幅な増発に乗り出し、米長期金利の上昇(債券価格の下落)圧力が一段と高まっています。
市場「8割増」の見方
米連邦準備理事会(FRB)が国債保有を減らしているためだ。2018会計年度(17年10月~18年9月)の発行額が前年度比8割増の1兆ドル近く(100兆円超)に及ぶとの推計もある。
日本かしていくのか⇒
これが引き金になるな🤔

 (写真=ロイター):日本経済新聞
結構わかりやすかった
アメリカ合衆国のデフォルト懸念
日本の財務省も見習ってくれぃ
長期金利に再び上昇圧力:日本経済新聞
こりゃあかんわ、最悪のタイミング。長期債にバク上げしてくれって言ってるのと同じ。株が本格的に下がるぞこりゃ。
〜米国債バブルに転機か
日経電子版「 長期金利に再び上昇圧力」
FRBの保有縮小、インフレ率向上の兆し、そして時ならぬ財政膨張。米国債の供給増が米長期金利を不安定にする局面に差しかかりました。
以上

記事本文: 米国債「大増発」時代へ 長期金利に再び上昇圧力 (写真=ロイター) :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース