TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 紅く染まる米AI...

紅く染まる米AI学会 中国ネット大手が学生争奪  :日本経済新聞

11コメント 登録日時:2018-02-06 16:57 | 日本経済新聞キャッシュ

 中国ネット大手による人工知能(AI)開発人材の争奪戦が激しさを増している。ニューオーリンズで開催中の米AI学会では、アリババ集団や騰訊控股(テンセント)などが米国留学中の中華系学生を狙い激しいアピー...

Twitterのコメント(11)

もうITでは中国を下にみてはいけないんだよね。
赤丸急上昇中のプリファードとか、セルテックとかは展示してないのかな

 中国ネット大手が学生争奪: 日本経済新聞
「米トランプ政権が専門職ビザを厳格化したことも渡りに船だ。AI研究で世界の先頭を走る米国で鍛えられた人材が中国に戻ることで、技術力をさらに高められる。」
中国ネット大手による人工知能(AI)開発人材の争奪戦が激しさを増している。ニューオーリンズで開催中の米AI学会では、アリババ集団や騰訊控股(テンセント)などが米国留学中の中華系学生を狙い激しいアピール合戦を展開。
学会は就活の場:
「米トランプ政権が専門職ビザを厳格化したことも渡りに船だ。AI研究で世界の先頭を走る米国で鍛えられた人材が中国に戻ることで、技術力をさらに高められる」 /
展示会場では日本勢もそれなりの存在感を見せている。テンセントの横に陣取ったソニーは採用よりもAI開発用のオープンソース普及のためのデモ展示に力を入れている。
「2018年の米AI学会の提出論文数は3800以上と過去最高。けん引したのは前年比で57%増えた中国からの論文だ。米中がほぼ同数でトップに並んだ」
紅く染まる

中国語が飛び交う米国の人工知能学会。中国企業と研究者の凄まじい勢いを感じています。
以上

記事本文: 紅く染まる米AI学会 中国ネット大手が学生争奪  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース

50.19.34.255 ec2-50-19-34-255.compute-1.amazonaws.com