TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > アマゾン、出版取...

アマゾン、出版取次外し加速 印刷工場から直接調達  :日本経済新聞

241コメント 登録日時:2018-02-01 07:07 | 日本経済新聞キャッシュ

 アマゾンジャパン(東京・目黒)は書籍や雑誌を印刷会社から直接取り寄せる。文芸春秋など出版社に注文した雑誌などは出版取次会社を介さず、印刷工場から自社倉庫に仕入れる。アマゾンは取次大手の日本出版販売(...

Twitterのコメント(241)

2018/2/1 1:31日本経済新聞 電子版
@jumping5555 「取り次ぎを通すとわざと遅くする」のはアマゾン側ですか? こんな記事も出てますね。
安いし、早いことはいいことかもしれないが、国内の小売業が破滅しかねないよ?

みんな、理解してんのかいな?
ひいいいいっ!
当然の流れとして、そうなっちゃいますよね。間にいる意味がなかなか見出せないですもん。
? 特に珍しい事ではないよな。既にやってるトコあるし。

こういう日本の常識・伝統を外来勢力がいともたやすく打ち破る姿は、平和の海といわれ宇宙艦隊の通行を認めなかったフェザーン回廊をいともたやすく通行したラインハルト率いる帝国軍とダブる。
黒船シリーズ /
ふむふむ
直取引か。「胴元兼プレーヤー」の怖さがある。 /
「印刷所→出版社→取次会社→Amazon倉庫」から「(出版社と事前契約し)印刷所→Amazon倉庫」へと変わる。
外来種で在来種を駆逐するなんてミドリガメみたい。アマゾンじゃなくミシシッピだけど/
本が安くなるのか!?
出版社に入ってすぐの新卒研修で、取次営業の先輩の苦々しい「取次というのはだなー」という話を覚えてるぼくとしては、中抜きバンザイとしか言えないな
もっと早くなんとかならなかったのかと思うが、日本は黒船にやられるまでスタイル変えないからなあ…
ほんとにアメリカさんは顧客最優先だな…。
まぁ、自分の利益に関係してくるからだろうけど。:
この記事を書いた記者は出版流通と著作権のことを理解してないのでは?文中の「出版社だけでなく印刷会社との直接取引」という文言はオカシイ。

うわ!ついにきた!!
これはかなり大きな動き。
「一部の新刊の書籍を大日本印刷の印刷所から直接送る体制に切り替える。売れ行きが好調で、重版した場合も大日本印刷から直接調達する」|
数年後 Amazon「自分で印刷工場作るわ」
アナフィラキシーショックで行くん…
日本の謎システムと言われている取り次ぎ外すのは分からないでもないが、作家>出版社>印刷所>ネット流通主流になって、一般書店が「売れる物だけ」注文になったらどうしますうね。
( ´Д`)y━・~~ 書籍の電子化がますます加速するんじゃなイカ🦑
町の本屋を潰しているのは間違いなくAmazonではなく取次だ
電子書籍の普及がひと段落した今だからこそ、業界に更なる風穴を開けるいい機会だと思いたい
中抜きが進むと出版業界だけではなく様々なブローカーに影響が出てくるようになるね。まさに転換期。
アマゾンによって破壊される日本の出版流通ということかな。
これは最終的に著作者涙目になるかもしれんやつ…
ちゃんとアマゾンがある程度の在庫を抱える覚悟がないと…()
返本をどこまで抑制できるかってあたりがバイヤーの腕の見せどころかね
今記事読んだけれど、やっぱり「出版社」と「取次会社」はこのままだと無くなっていくのは明白。
「漫画家」目指してる人は、一旦落ち着いて将来の事を考えた方が良い。
いやーすごいな。街の本屋は残れないかもな。/
取次終了wwそのうち電子書籍に切り替えて出版社もなくなるだろうねw
切り崩しがエグい。
益々Amazonは強くなっていく
取次私も要らないのでは??派だったけどとりあえず取次の衰退はネット以外の本屋の衰退に繋がるんだよなぁ。それにしてもこの浮いた利益はどこに行くのか
いいこと、わるいこと、両方あるだろうな。いいことがある側にいたいものだ。 |
ついに来た!今後、"目利き"など技量を持った中間業者以外は淘汰されていく。>
どうぞ、よろしくお願いします。
日販とトーハンのインターン行った時社員さんに対策あるか聞いてみるか
日版やばい。。そもそも日版がいる価値がよくわかってないけど僕
昨日のKADOKAWAさんのニュースを受けてか、本格的に日本の出版業界に手を突っ込んできた感じが、、、。
わぁ、いよいよ
トーハン、日販が厳しくなる…
友が勤めているんだよ…
胸が苦しい…
取次除いて浮いた金を誰が一番貰えるか?ってことだよね。販売価格は変わらないんだから。
つーか、儲けた金からちゃんと税金取れよ!
おう!このまま加速して、ガラパゴスな流通潰して、電子書籍を制圧して、iTunesみたいな(擬似)DRM free な電子書籍の世界に変えてくれ!
ジェフベゾス氏は革命家だと思うんだw
20年程前までは只のネット本屋だったんだが、流通、金融なと凡ゆるサービスを巻き込みながら、ここまでグローバルに商圏を拡大するとは思わなかった。
流通の仕組みから変わってく時代。

出版取次の役割とか、再販制度とか、
街の書店や新聞販売店はどう生き残るかとか。

色々考えてしまうな。。
友人が昔自分の好きな本だけを売る小さなカフェ兼本屋をしようとしたら、取次から好きな本だけの納品は出来ない、ある程度の数量からじゃない無理と言われて呆れてたな〜。
これが進んで取次が経営悪化して潰れると書店もなくなるんじゃね?
日本の企業を応援しても何も恩恵がないことが、海外の会社の商品を買い、サービスを利用することにつながっていると思う。むしろ、Amazonのほうが時給が高いので日本の経済に貢献しているような印象すらある。(税金は納めていないけど)
英語が分からなくても世界中の本がどんどん翻訳されて母国語で読めてしまうのは間違いなく「日本のスゴさ」なのだけど、それもいずれ怪しくなりそう /
別に中抜きしてた部分をアマゾンがやるだけだから何も変わんなくね?
もうAmazonが印刷工場持てばいいんじゃね?
中抜きが加速する
disintermediation が進む
素晴らしい
日本は要らない中間利権のクソが多すぎる
Amazonにはそういうのを全部ぶっ壊して欲しい
書店チェーンの取次外しも加速するだろう。近年、取次は、書店買収をしているけど、今年は「取引自体」が大きくいろいろ変わる可能性もある。>
広告代理店の寡占状態以上に、書籍取次体制の方が寡占性が強く、出版社も逆らえない状態が続いてきました。それが崩れるかも知れません。
取次がなくならないのは、版元に対する金融機能ゆえっていわれてるけど、Amazon入るとそこの仕組みはどうなるんだろう。 /
むしろ印刷会社へ需要予測して「◯部位上すらないほうがいいよ」って言えそう。
こっちの業界も変わりそうだね~❗
アマゾン止まらんな〜
取次だけでなく、出版社外しも起こってくるだろうな。Kindleでは既にあるのだし。。
取次も数社で寡占だけど、印刷会社も2社の寡占だから印刷会社と取引したら取次いらないじゃん、てこと? びっくり。
滅べ日販
トーハン
本屋で注文したら取次遅いねん
Amazonがマシ
著者の立場から(2)これが加速すれば、今後は「書店売りはナシでいい、販売はアマゾン直販だけでいいから、印税を倍にしてくれ」と主張する著者が現れても不思議じゃないな。
橘 玲さんが著者「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」で指摘していた出版流通の構造が崩れてゆく
Netflixがドラマとか作りまくってるのをみれば、次のステップはAmazonが出版も始めると。 /
大量に入荷して売れなくて半額セール。中ヌキしたのと利益はトントン
まだ紙の本の扱いやるのか
あーあーもう後手後手なんだな・・・ //
日本の出版、全部アマに支配されそう^q^ /
はいはい、ディスラプトディスラプト。
会社員やってる編集者は人気作家を発掘して「フリーの書籍プロデューサー」として食っていく時代になるのかも? /
確実のイノベーションの波が来ている。日本国内企業では太刀打ちできる手段があるかどうか
色々思う事ありけり。取次は取次の機能があるので否定せん。アマゾンはもう必要ないって規模って事。 :
コンテンツメーカー以外価値のない方向へ→
これは出版業界ざわつきます笑
取次なんていらないしね。良いことですね。
攻めるなぁ。今は「書籍」だけかもだけど、たぶん、いずれは、取り扱えるもの全部って感じになるんだろうなぁ。
既にアマゾン一強
 印刷工場から直接調達へ
取次会社を前提とした書籍の流通構造が大きく変わる
自分好みの装丁が選べて1冊だけの印刷製本ができる店頭サービスをどこかが始めてくれないものか /
小さな本屋でも出版社と直接取引のところはあり(誠光社とか)、返本前提で無駄に刷ることがなくなればメリットも大きい。ただしAmazonが市場独占を狙うなら話は別で、独禁法の対象にもなりうるように思う。 / "アマゾン、出版取次外し…"
意外に下がらない書店系
多くの大手出版社が日販の大株主なので、しばらく様子見になりそうな気もする。
まあそうなるよね…
流れを渋らせてるだけの業態だもの…
ここまで既存の本屋と差別化されると本屋がますます減りそう。
来た来た。KADOKAWAとかどうするのかしらん…。『 印刷工場から直接調達』
「爆発的に売れたので緊急増刷したいけど、配本がすぐに対応できないから売り逃しが生じることが問題」という一部の方々のための方策……なのかな……。いろいろ悶々。 /
アマゾンくらいじゃないと旧態依然の業界は変わらない。→
取次の殿様商売がようやくおわるんだなぁφ(・ω・ ) |
時代かな。
アマゾンが1回に仕入れる冊数が気になる。原価維持のためにはある程度刷らないといけないけど、印刷会社は保管しないだろいし。通常通り「一括仕入れしない」では成り立たないと思うんだけど。
Amazonが進出するずーっと前から言われていた合理化がAmazonによって進んでいるという訳か。
ざまあみやがれ。
ついでに再販制度も破壊してほしい。
わが社もアマゾンから直接取り引きの圧力があるけど、取次に卸す正味とアマゾンに卸す正味ってそんなに違わないんじゃなかったかな。どこが中抜きするかが変わるだけでしょ
ついに。。。
日販の経営が傾くかもしれない以外は良いことみたいね。
▼ Amazon 改革恐るべし
アマゾンジャパン(東京・目黒)は書籍や雑誌を印刷会社から直接取り寄せる。出版社だけでなく印刷会社との直接取引で、取次会社を前提とした書籍の流通構造が大きく変わりそうだ。
えっ
製本所どこいった
在庫は?どこで管理?
>>
"アマゾンはあらゆる書籍を2日以内に届ける体制を目指している。取次会社の在庫を確認してから仕入れると、消費者に届けるまでにさらに数日間を必要としていた" /
取次ビジネスが破壊され、出版社の在庫機能も破壊寸前。そのうちAmazonが印刷会社持って書籍印刷というビジネスまで破壊しそう。 /
印刷工場がアマゾンに倉庫代わりに使われて、多品種小ロットの在庫を抱えさせられて、倉庫代も貰えずに一層困窮する未来が到来する悪寒。 -
Amazon ほど大きければ取次を通す意味はないからなあ。 /
アマゾンに取次店は不要でしょうね。町の本屋さんは取次店ないと困ると思うけど。 /
取次のマージンを得られるなんてメリットに、安易に飛びついたらダメよ出版社。。amazonなしには商売でけへんって、実はすごく不健康なんやから
良きこと、というか必然の流れ。環境の変化に適応しよう。 /
そようち印刷も自分でやるようになる。
裏側から手を組んだかなるほど。送り先が変わるだけで印刷会社はマージン貰えるから組まない手はない。/
配本先になるんだね。
これは、、、日販激震。今後どんどん、仲介業者の影響力が低下していくんだろうな。
Amazonのサーバから直接配達 /
素人目にも時代が大きく動いているのを感じる。
アマゾゾさん強スギィ!
アマゾンが問屋みたいなもの
これ、ヲイヲイ。。。って話ではあるけども、昨年の取次店の問題もあったしねぇ。。。
調達という表現が、微妙。文春は重版分については、取次を通さないで、アマゾンに売るということか?単に直納するということではなくて?→
諸所批判もあるだろうけどこれは良い「ハック」。
買う物が決まってる人はこっちの方が良いよね。厳しく言えば、書店や出版取次は「エシカルな書籍購入」の仕組み作りが急務で、付いて行くしかない。
やっぱAmazonってすげーわ
アマゾン、取次外し、か…。そのうち印刷工場も自前で…は、持たないか。
こうやって日本の小売業界もDeath by Amazonが着々と進んでいくわけね。
そのうち製本すらも自社工場で、いやいや印刷すらもやっちゃいます、みたいな感じになるのかな。
う~む、書籍流通が大きく変わりそうだな。大手書店の中にも、こうした動きに追随するところが出てくるんじゃないだろうか。
[B!] 絶版になった本も注文できるようになったりしないものか…。   :日本経済新聞
時勢を考えたら出版取次はいつか畳まないといけないでしょうが、これがそのきっかけになるのだろうか。
amazonほんとアクティブだなぁ
そのうち同人作家と直接交渉して、アマゾンで正式に同人誌販売されそうでこわいな。
ほげえええ、完全に市場をぶっ壊しに来てやがる(歓喜)
トーハンや書店がなくなった方が消費者にはメリットあるからアマゾンがんばれ。
`これが実現したら、福岡でも発売日に届くのかな?今は2日遅れだけど。
消費者にとっては安く本を入手できる利点がある
お約束のマントラ,「ソースは日経」.印刷会社からって本当ですかね?
出版社と直接取引するというなら今までもあった話.印刷会社が書籍を持っているのでしょうか.|
取次の担っている金融仲介機能が消失する場合、出版社の経営体力では持続できない、というところは多いと思う>
なにげにすごい話だと思う
日販ジリ貧になりそうやな…
業界構造一気に変わる|
中抜き業者はどんどん死んでくな
利益に保存則が成り立っている感じ→『これまで取次会社が得ていた取り分は出版社などと分け合うとみられる。』 /
まぁネットとかのなかった時代は煩雑な流通を調整する上で重宝されたんでしょうけど、今は単なる中抜きにしか写りませんからね。当然の流れ。
アマゾンで本を買うのをやめる。
増刷時の部決に取次の意思が反映されず、ということか。アマゾンのコントロールがあるとは言え、出版社への返本リスクも気になるところ。 /
取次とか商社とか、海外ではあまり大きくないしそれほど使われないのに日本では何故かそこを通さないといけない決まりがあり、必要以上に会社規模が大きい会社。 /
うちの会社、いよいよヤバいかもなぁ…(まぁ既に瀕死の状態なのでこれの影響が出る前にアカンかもしれんが)
東日はアレやからアレだけども、再販制度は崩れてしまうような気がするね。再販制度はそれはそれで悪くなかった。中小零細出版社はぞんあまさんにもっと寄り添うような気がする
Amazonで本とか雑誌とか買わないな。買うなら電子書籍だし、紙の本が欲しければ本屋かコンビニで買う。

記事本文: アマゾン、出版取次外し加速 印刷工場から直接調達  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース