TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 中央省庁サイト、...

中央省庁サイト、8割に改ざん・盗み見リスク  :日本経済新聞

25コメント 登録日時:2017-12-03 07:01 | 日本経済新聞キャッシュ

 政府機関のウェブサイトが改ざんや盗み見のリスクにさらされている。日本経済新聞と日経BP社の専門誌「日経コンピュータ」が調べたところ、中央省庁の8割弱が閲覧中の不正介入を防ぐ暗号をサイト全体に施してい...

Twitterのコメント(25)

「日経コンピュータ」が調べたところ、中央省庁の8割弱が閲覧中の不正介入を防ぐ暗号をサイト全体に施していない。米国は政府情報の信頼性を高めるため暗号化を義務付け、中央省庁はほぼ完了した。日本は人手や予算の手当てが遅れており、
(以下略
常時SSL化の割合が低すぎますね
ただタイトルはちょっと煽りすぎと思われ
(日経)
「日本経済新聞と日経BP社の専門誌「日経コンピュータ」が調べたところ、中央省庁の8割弱が閲覧中の不正介入を防ぐ暗号をサイト全体に施していない」
盗み見って、「誰が個人的な目的を持ってそのページを読みに来たか」っていうプライバシー関係のこと? 化したとして、古いウェブブラウザ、ウェブブラウザ以外からのアクセス保証まわりはどうなのかな / "中央省庁サイト、8割に…"
"中央省庁の8割弱が閲覧中の不正介入を防ぐ暗号をサイト全体に施していない"ssl化が済んでないことをこういう表現するのな(´・ω・`)…個人情報入力しないサイトでの盗聴リスクとは… / "中央省庁サイト、8割に改ざん・盗み見リス…"
12.3 日経 「中央省庁サイト、8割に改ざん・盗み見リスク」 「"保護されていません"の表示が出る防衛省・自衛隊」と。どこが防衛、なんか!
売国は,そこに居る・・・
中央省庁サイト、8割に改ざん・盗み見リスク

「中央省庁の8割弱が閲覧中の不正介入を防ぐ暗号をサイト全体に施していない。」「米国は政府情報の信頼性を高めるため暗号化を義務付け、中央省庁はほぼ完了した。」
「NISCは近く、各省庁が守るべき情報セキュリティー基準に、サイトの常時SSL化を盛り込む見通しだ」
/HTTPSでサービス提供していない為に経路上で攻撃されうる、という話をこう表現するのはさすがに雑な感がある
過去に米国では政府機関サーバへの侵入例で、機関と提携してる洗濯屋の端末からハッキングする穴を辿られたという事例すら有ったのに。日本政府のサイトは今もなお穴だらけ。
これ、公共性の高い、事物の破損責任問い方が甘いんでしょうね。率が異常に高すぎる、というか、無防備過ぎる。機密漏洩は本当に大丈夫なんでしょうね!?
今やネット情報をどう見ればいいのか…
常時SSL化のために「処理能力増強が必要」…って、?
盗み見るは 2者間の問題だけど
改ざんは第3社に オレオレ詐欺的な被害が出るから問題が大きいね
「中央省庁の8割弱が閲覧中の不正介入を防ぐ暗号をサイト全体に施していない」…HTTPSのこと? /
まだそんな状態だったのか。
SSLかけるだけならそんなにコストも手間もかからんと思うけど、「予算がない」んじゃなくて「おバカだから対策してない」だけじゃ・・・
常時SSL化が必須な時代。
中央省庁が今時使ってないようなこんな国でIT化が進むわけねぇなぁ
役所のHPが危険なんて…
意識低すぎ。
中央省庁サイト、8割に改ざん・盗み見リスク:
デタラメな記事。常時SSLにしたところで直接的にセキュリティを強化する効果はない。
政府予算は限られており、もっと重要な問題への対処を優先すべきだ。
以上

記事本文: 中央省庁サイト、8割に改ざん・盗み見リスク  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース