TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > トヨタ、国内販売...

トヨタ、国内販売車種を半減へ 20年代半ばめど  :日本経済新聞

24コメント 登録日時:2017-10-12 07:04 | 日本経済新聞キャッシュ

 トヨタ自動車は2020年代半ばをめどに国内で販売する車種を現行の半分の30程度に減らす検討に入った。消費者ニーズを踏まえて取り扱う車種を見直し、国内需要が縮んでいるセダン系などを絞り込む。国内市場の...

Twitterのコメント(24)

あーあーあー
どんどん悪くなっていくよ(..)
トヨタ、車種半減するのか。 …… 20年代半ばめど :日本経済新聞
「トヨタ自動車は2020年代半ばをめどに国内で販売する車種を現行の半分の30程度に減らす検討に…取り扱う車種を見直し、国内需要が縮んでいるセダン系などを絞り込む…」/ 20年代半ばめど
販売店も大変。。でも車屋さんってなんでこんなにってくらい多く見かける気がする。。
アルファード、ヴェルファイア、エスティマ、ノア、ヴォクシー、エスクァイア、シエンタを1個か2個にまとめろよ。
セダンとミニバンはあんなに要らんだろ…
長い楽しかった夢も終わりが見えてきた。
ロクなの残らん気も。4チャネルも無意味になってきたし。ビスタ店があっちの世界から呼んでるよ。|
多すぎるからちょうどいい
結局、これも人口減少、格差社会の結果で、将来的にも売上アップは厳しいよね、という話なのでしょうか?
価格を半減しないと売れない。若者の車離れは価格が高いから、理由はそれだけ。~
燃費の良い売れ筋はセダンじゃ無いものなぁ。
スポーツカーの値付けもそうだけど、自動車メーカーはもう日本人が車を買う金がないって分かってる。東京オリンピック後ってのがまた生々しい。
〜チャネルごとに同じ車台を使って顔を変えて販売する兄弟車も限界なんだな。他社もバブル期に真似したけどね。いろんな意味で過渡期だな。
たしかに多すぎるよね。
-
////

ハイブリッドが次世代のメインから外れて先が見えたね。
二年前から「売上伸ばせ」しか言えない経営者は要らない、そんなこと言ってるとコンプライアンス違反が起きると指摘して実際そうなってます。今必要なのは「戦略的な縮小」であって、やっぱりこの会社がやるのか、と。
やっとか、遅いよ。
まぁ、トヨタといえど、不人気車はかなりありますから…一代限りで消えるのも少なくないし、いつの間にかフェードアウトする車種も。欧米中は現地生産もありでしょう。>:
Jドメスティックカー最後の砦も陥落かなぁ :
大胆だけどいい方向かも。まずは中身が同じで名前の違うクルマが減るのかな。タコ2とか(みんな知らないか…)。 →
同時に国内販売の組織も見直す。近くのトヨタ 統合されるかな
以上

記事本文: トヨタ、国内販売車種を半減へ 20年代半ばめど  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース