TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 好きな野球、暗い...
15コメント

プロ野球は結果を出し続ける者だけが生き残る持続力が勝負の世界。1軍と2軍を行ったり来たりしている選手たちを見ていると、笑顔の持続力が足りないのかなと感じることがあります。明るく楽しそうな顔で野球をやる選手は周りへの影響も大きく、それだけでも1軍に残る大きな要素になります。思い悩む選手には「好きな野球を暗い顔をしてやっちゃいかん」と声を大にして言いたいのです。西野は技術的に打率3割を残せるだけの力を...


Twitterのコメント(15)

『見ているお客さんに「楽しい」と思わせなければ成功とはいえません。』←福良サン、読んでますか?選手だけの話ではないですよ‼
1安打1四球全出塁で代打を出された西野の目に昨日の小島脩平はどう映ったのだろう
好きな野球、暗い顔してやっちゃいかん   「カラ元気でも元気」なんだ。鳥坂センパイが言っているだろ!
田口壮二軍監督のコラム。胸に響く。
田口が一軍監督になる頃にはチームも強くなっているのではないだろうか?それまでに田口に見捨てられないかは気がかりだが…
若手をことごとく暗い顔にさせるなって福良に言って(爆)。
意味不明な起用で選手もファンも野球を楽しめなくしてるハピグとは田口さんは違うわ。来年から監督やって欲しいもんだ。
これすごくいい記事やわ
それ、まず一軍の監督に言うたってくれ
楽しく野球をやることって、ヘラヘラすることではないよね。凡退でも良いところを探した上で、次に繋がる課題も見つける。常に声を出す。
一軍に上がる直前の西野は、良い笑顔で練習してたよ。
良きも悪きも西野は考えてやるタイプだと思う。だから沼にハマると抜け出すのが手間かかるんだよね。個人的にヤクルト川端レベルになれると思ってるから頑張れ
福良監督も同じことはいうが田口さんが言うと重みがあり福良監督だと薄く感じるのはなんでかな~
田口二軍監督が、再調整を命じられた西野に対してどう接したか。それを通して何を思うかが書かれています。
たぐっちゃんが素敵すぎて。゚(゚´Д`゚)゚。
田口さんの文章はわかりやすくていいよなぁ。。
以上

記事本文: 好きな野球、暗い顔してやっちゃいかん  :日本経済新聞

関連記事

35コメント 2011-10-03 11:42 - karapaia.livedoor.biz

 凶悪犯罪や人災、天災、天変地異。あまりにも暗いニュースばかりが流れる日々、なんとなく嫌気がさした。ADDI Somekhとチャーリー・エッカーは、3年かけて7回の旅行で、世界34カ国を巡り、現地の人々に風船で帽子をつくって被せてまわった。そう、目的はひとつ。「笑顔」を見るために。 笑顔は普遍のものであり、そこには国境もない。世代もない。言語の違いもない。すべての垣根がとっぱらわれる。笑いを学...[続きを読む

画像で見る主要ニュース