TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > カドカワ、「ニコ...

カドカワ、「ニコ動」会員減少が迫る統合効果  :日本経済新聞

13コメント 登録日時:2017-03-02 05:42 | 日本経済新聞キャッシュ

 カドカワが手掛ける動画配信サービス「ニコニコ動画」に陰りが見え始めた。有料会員数はサービス開始以来初めて減少に転じ、動画を配信するカドカワの株価も軟調に推移する。出版大手のKADOKAWAとネットメ...

Twitterのコメント(13)

わたしもやめたもん。CGMはYouTubeに、アニメはDアニメに、ドラマはHuluやNetflixに。ニコ動である必要なくなったし、使い勝手悪いし、コンテンツ少ないし。
生放送が本格的に外部に流れ出してるよ~
配信業の方々は乞食ができるYouTubeLiveやWhowatchにいっちゃってる
画質が超悪い、回線が遅い、ログインするのが面倒、文字がウザい、お金払わないと使えない機能が多い、ようつべより稼げない、いまだにFlash…の神サービスがなぜ!?

"カドカワ、「ニコ動」会員減少が迫る統合効果:営業利益も39%減"
自分も今月でニコニコプレミアム会員解約した。もう落ち目
旧角川書店は独立させるべき。アスキーメディアワークスとエンターブレインのほうがインターネットとのシナジー効果が出てくると思う。 /
有料記事にしては全然分かってないなーこの記者。ニコ動が落ち目になったのは「有料会員」の意見をちゃんと聞かないから。それだけ。
配信は新しいプレイヤーが日々増えているからなぁ。ニコ動でなければならない理由と収益化をどうすりあわせていくのか。
『市場からは統合効果を疑問視する声も出ている』最初から思ってましたが何か(・∀・)
KADOKAWAとのドワンゴによる「異色の統合」から2年半が経ちます。ニコニコ動画の会員の減少が始まる中、今後はどのような動きをするのでしょうか??
角川ってだけで何も期待できないのすごいよね
以上

記事本文: カドカワ、「ニコ動」会員減少が迫る統合効果  :日本経済新聞

関連記事