TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 経産省、エラー重...
24コメント

政権を支える内閣官房だけでなく、他省庁へも数百人規模で人材を送り込む経済産業省。首相の安倍晋三も、経産省やその出身者に信任を寄せる。彼らがこの国を「統(す)べる」存在といっても過言ではないだろう。 しかし、活躍の舞台は広がれど、担い手である官僚の視野は狭く、結果が「スベる」ことも少なくない。深掘りすると、「判断を誤る」「攻めない」「守りきれない」「見ていない」という課題が見えてくる。自動車、シェ…...


Twitterのコメント(24)

やれやれ。仕事してないようなもんじゃないか。
/
その表面化を隠すため、自分たちだけの殻に閉じこもって、密室化と情報統制を@kinoryuichi 原発事故後、判断ミスの連続に見える。問題はそれが政治的な理由で容認されてることかも
⇨ …
原発事故後、判断ミスの連続に見える。問題はそれが政治的な理由で容認されてることかも
まず経産省が無能だということ。だから他省庁も経産省絡みでは動かない。それとは別で本当に規制緩和が良いのかってことは分けて考えたほうがいい。 →
ほほう日経新聞の記事かと思って読んだら日経ヒジネスの記者による記事でした。さすが! BPの記者は企業の声をよく聞いています。
ここでの指摘は燃料電池とシェアエコノミー。肝心の原子力や自然エネでの「失敗」が無いがどれも「エラー」どころか旧日本軍の失敗と同じ構図。東芝や核燃サイクルは犯罪的とすら言える。
これ、最近わかるようになってきたわ〜。「経産省がやると出ていけば、他省庁は頑なになるんですよ。例えば経産省が『民泊研究会』を作ってやるといったら、もう絶対に進まない。」/
シェアリングエコノミーについて、結構手放しで褒めてるけど、業界中心の視点しかなくて違和感。記事全体がそう言う主旨なのはわかるけど、ホストが背負うリスクとかその他課題も扱って欲しかった……
EV→集合住宅や月極めの駐車場にどうやって充電器設置するの?
民泊→一定の規制がないと怖くて使えなくね?
「すべる経産省」というタイトルで話題の日経ビジネスの記事です。
エラーを出すのが問題なんじゃなくて、そもそも口出すのが問題なんだよね。。
「日本では業界の抵抗が強くて、シェアリングエコノミーの気配すら見えない。特にカーシェアリングは全く進まない状況。空港に着いてUberで呼べないのは日本だけ」。経済産業大臣の世耕弘成は憂いた

おい、規制を壊すのがお前の仕事だろーが。
多くの規制に守られた日本社会。今、世界に取り残されつつある。経産省は中央官庁の中の腫れ物扱いか…
多分これ読むと色々勉強になると思う。文章長いからだけど、まぁ色々問題点拾ってる。
水素自動車とシェアエコノミーにおいて敗北する日本。親方日の丸方式の負けパターンそのまんま、また何度も。
FCVは確かにミスだが、シェアリングエコノミーを後押ししないのは意思では?と。Uberって単なるUSの(US基準では高品質の)白タクシーでしょ、とか…実需を作らない産業を後押ししないのは分かる //
お役所のせいで割を食ったトヨタとホンダ。EVで出遅れ、日本の電機業界と同じように自動車も衰退しかねないぞ。規制のせいでライドシェアも民泊も進まないし。日本の官僚て何やってんのか
過去、通産省が旗を振ると進まなかった特振法(特定産業振興臨時措置法案)を思い起こすまでもなく先見の明持つお役所ではない。
仕事柄いつも思うが、政府は企業(特大企業)に支援になるようにと政策、制度考えすぎ。エンドユーザーの方をみて考えないと。酷い場合いいように使われて斜陽ビジネスを支援することにもなる。
何が日本の頭脳だよ、アホくさ
ドイツ版「官僚達の夏」に破れた経産省って構図だけど、「ドイツに見習え」と言うまでもなくドイツも官僚主導の産業政策で新産業選別するあたりドイツが新自由主義というのは厳密には間違いで日本と同じタイプ。
経産省、エラー重ねる日本の頭脳:
経産省の無策の罪は重いだろうが、経産省だけを悪者にして済む話でもない。既存産業の抵抗は他国にも当然あるだろうが、「規定されていないことはやってはいけない」文化の同調圧力も深刻な課題だろう。>
官僚の視野は狭く、結果が「スベる」ことも少なくない。深掘りすると、「判断を誤る」「攻めない」「守りきれない」「見ていない」という課題が見えてくる。
経産省は、原発輸出、シェール資源開発、水素自動車といったオールドエコノミー(既存大企業)に依存した政策を打ち出しているが、どれも時代遅れで、日本は世界に大きく遅れてしまった:
以上

記事本文: 経産省、エラー重ねる日本の頭脳  :日本経済新聞

関連記事

29コメント 2014-09-11 10:32 - gendai.ismedia.jp

事故直後、遮水壁は東電が拒否 ――では、次に福島原発での、汚染水コントロール策の失敗についてお願いします。 古賀:数日前に出てましたけども、福島原発の汚染水ですね。これをなんとかしなくちゃいけない。もちろんそのうえで廃炉につなげなきゃいけないんですけれども、「凍土壁」というもので原子炉建屋の周りを囲って、地下水が中に...[続きを読む

画像で見る主要ニュース