TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > コメ先物、逃げ水...

コメ先物、逃げ水の本上場 JAの説得カギ  :日本経済新聞

13コメント 登録日時:2017-08-13 00:56 | 日本経済新聞キャッシュ

大阪堂島商品取引所が申請したコメ先物の正式上場が延期となった。6年の試験期間を経て、満を持して政府に申請したが、価格形成への影響を懸念した自民党による政治介入で待ったがかかり、7日に試験上場の延長で決着した。卸大手や農家からはコメ先物の利便性を指摘する声も出ており、自民党の農林族を支えるJAグループを巻き込み、理解を得られるかが課題となる。 「コメは日本人にとって特別だと改めて思った」――。異例と...

Twitterのコメント(13)

卸大手や農家からはコメ先物の利便性を指摘する声も出ており、自民党の農林族を支えるJAグループを巻き込み、理解を得られるかが課題となる。
<旧民主党の政策へのアレルギーが強いのに加え、安倍政権の支持率低下も重なり、農林族議員の抵抗は再燃>
農水省も当初は認可に前向きだったが、零細コメ農家と全中が反対。
JAの損は農家の得ってことなのでは?牛乳の件といい、農家あってのJAですが勘違いも甚だしい昨今ですね。
JAの説得カギ:日本経済新聞(17/8/13付)
先物市場の存在は百利あって一害なし。そもそも、世界初の商品先物が堂島の米取引だろ。はー、馬鹿馬鹿しい。>
とりあえず、農家が置き去りな気はする。既得権益との戦いであるこもとわかった。
正式上場延期… >
農家の個別所得保証と並ぶ民主党政権の農業政策として始まったコメ先物ですが、政治介入で迷走。コメ価格の市場化で過剰生産を抑制するメカニズムを働かせるのは農業改革の本丸だが。
価格形成への影響を懸念した自民党による政治介入で待ったがかかり.../卸大手や農家からは利便性を指摘する声も出ており、自民党の農林族を支えるJAグループを巻き込み、理解を得られるかが課題となる /
根回しが足り中ってって・・・
JAの説得カギ:卸大手や農家からはコメ先物の利便性を指摘する声も出ており、自民党の農林族を支えるJAグループを巻き込み、理解を得られるかが課題となる。
JAの説得カギ 農林族は零細なコメ農家も票田だ。政策的なコメ価格の高値誘導を求める零細農家の要望が根強い中、価格が下がることも前提にした民間のリスクヘッジは政治力を阻むものと映る。国による減反政策が今年で終わる
以上

記事本文: コメ先物、逃げ水の本上場 JAの説得カギ  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース