TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > アイデア重視で研...
14コメント

文部科学省は大学や研究機関の基礎科学の研究力を強化するための対策をまとめた。論文の国際的シェアなどで日本の存在感が低下しており、アイデアを重視した研究支援、海外の研究者や産業界との交流促進などの必要性を示した。2018年度の概算要求などで具体化する。 文科省の作業部会が報告書をまとめた。基礎科学の研究について3つの問題点を指摘した。研究費や研究時間の減少、若手研究者の雇用環境や研究環境の劣化、研…...


Twitterのコメント(14)

「どの研究が優れているか?」という目利き的な発想だと、うまくいかないと思うよ。民間企業への補助金についても同じようなことを言った記憶があるけど。>
まず文科省が予算を増やすアイデアを。
3つの問題「研究費や研究時間の減少、若手研究者の雇用環境や研究環境の劣化、研究拠点の国際的な地位の低下」ほぼ全て科研費でなく、大学機関の基盤経費減少が問題なのでは?
指摘された問題点をなぜ直接解決しないのか。あんたらが選別してる時点でダメでしょうよ。 >
日本のグラントに自分自身関係する機会が増えて気づいたけど、EUのグラントやアメリカの財団がメインだったものとしては、日本の場合はチームを作らせる割には全員日本のPIっていうのが異常だと感じる。グラント自体を国際的にすれば良いのに。
米朝の「天狗刺し」を思い出した。「ええ事考えたんやけど、10円札を9円で仕入れて11円で売ったら、儲かりまへんか?」
 文科省、基礎科学低迷に懸念
本土決戦みたいなノリ
経常の研究費を増やせばいいだけのことなのに、基礎研究をして欲しくないのだろう。/
会員ではないので先を読んでいないが、アイデアうんぬんというのんきなレベルはとっくに通り越しての現在なのですけど。
うげ、またまた愚かな政策が積み上がる。ますます帝国陸軍状態かな。
天下り先!絶賛作成中!
「アイデアを重視した研究支援、海外の研究者や産業界との交流促進」で論文は増えるのだろうか?
「基礎科学低迷に懸念」の結果、選択と集中のパターンだ。みてるかも: -
[日経] 文部科学省は大学や研究機関の基礎科学の研究力を強化するための対策をまとめた。論文の国際的シェアなどで日本の存在感が低下しており、アイデアを重視した研究支援、海外の研究者や…
以上

記事本文: アイデア重視で研究支援 文科省、基礎科学低迷に懸念  :日本経済新聞

関連記事

85コメント 2011-12-04 19:48 - alfalfalfa.com

■編集元:ニュース速報板より「文科省「給食に使えるのは40ベクレルまでの食材」 自治体「厳しすぎる!」 文科省「やっぱ500ベクレルでもOK」」 文部科学省は3日までに、学校給食の食材に含まれる放射性セシウムを巡って示した「1キログラム当たり40ベクレル以下」という数値について、「検査機器の選定の目安」とする通知を全国の教育委員会に出した。教育現...[続きを読む

画像で見る主要ニュース