TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 農業で稼ぐ企業、...
15コメント

衰退の危機にある農業の救世主とみられている企業参入と植物工場。だが実際は赤字の例が少なくなく、撤退することも多い。そうしたなか、利益を出して成長する企業が現れ始めた。カギを握るのは、消費者の需要をつかんで生産するマーケティングの発想だ。 首都圏のイトーヨーカドーにそのレタスはあった。しゃきしゃきした食感が特徴の「フリルレタス」。ちょっとおしゃれなレタスという感じだが、際立った強みを持つ。価格の安…...


Twitterのコメント(15)

>>   :日本経済新聞 野菜工場は相当数作らんと儲からんのね。
個人的にM&Aで上手く行く業界ではないと思ってますけど、トレンドですね。
スプレッドはもともと野菜の市場間売買をしていふ企業なので、野菜流通に強い。
他のメーカー系が工場のノウハウだけで参入するのとは違い、販売額、販売量を熟知しているのでいくらで売れば採算が合うのかがわ...
だが実際は赤字の例が少なくなく、撤退することも多い。そうしたなか、利益を出して成長する企業が現れ始めた。カギを握るのは、消費者の需要をつかんで生産するマーケティングの発想だ。
経営学の基本を分かっている企業参入は成功する。農業は遅れてるから我々がイノベーション起こしてやるとか上から目線で息巻くとミイラになる。成功有りきの新事業参入の精神でガシガシ成功して欲しいですね。行政のバックアップは不可欠ですよ?
スマートアグリはよはよ
オランダに負けるな╰(*´︶`*)╯
ごめん。
フリルレタスとか無理(笑)
インコの餌かと思ったもん /
農業は簡単じゃない。
いろんな企業参入してきましたが、ことごとく撤退している企業も多い。
マーケティングも重要ですが、それだけが問題ではない。 / (...
これからでしょ。もっと大規模化が進むし日本にだって農業関係のスタートアップは多いよ。 /
名だたる大企業の参入表明があり、ことごとく撤退し弾かれていく中でひとつアタマ抜けたね。今勢い付いてるから安定価格と規模の拡大で生産性を上げて欲しい。でも一般の農家の方々にもうちょっと潤ってもらいた...
植物工場!M田さんに連れて行ってもらった!
(-_-).。oO(現在赤字の工場は試行錯誤が足りないってこと?)
農業は本来は垂直統合が望ましい。流通業または外食産業があくまでも内製・調達のために利幅を求めず川上進出することが現実的。外販前提は結構しんどい。

加えて、そもそもオーバーヘッドの高い会社の新規事...
やっぱり価格と受給データをもってるところが狙って稼げるように動くってのはこれからの必須条件になりますな。 /
そんなん、マーケティングとか、人様に販売するんやから当たり前やろ。なんで、普通にしかやってない、この記事にある企業とかが、わざわざ記事なんねん。
只今、カリフォルニア州にて。
サリナスにある、世界...
[日経] 衰退の危機にある農業の救世主とみられている企業参入と植物工場。だが実際は赤字の例が少なくなく、撤退することも多い。そうしたなか、利益を出して成長する企業が現れ始めた。カギ…
以上

記事本文: 農業で稼ぐ企業、ようやく マーケティングの発想カギ  :日本経済新聞

関連記事

53コメント 2010-07-05 01:23 - business.nikkeibp.co.jp

 この1カ月の間、米国内の出張や夫のFamily Reunion(家族懇親会)、義理の息子のMBA卒業式など、リアルライフで様々な人たちと話すチャンスが多い日々となりました。そうした生活の中で実感したのが、ソーシャルメディアがいかにユーティリティとして大きな役割を占めているかという点です。  年に1度、4世代が集まる夫のFamily ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース