TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 残業時間の上限規...
72コメント

安倍晋三首相が17日、残業時間の上限規制で運輸業と建設業への適用を猶予すると表明し、焦点は両業界でいつから実施するかに移る。業界は2020年の東京五輪に向けて深刻な人手不足が予想されるため、五輪が終わるまで適用しないよう要請している。政府は適用除外を運輸と建設に限る方針だが、経済界からはもっと広げるよう求める声も上がる。 現在の労働時間規制では、所定の労働時間(1日8時間、週40時間)を超えて残業...


Twitterのコメント(72)

何故オリンピックに人の命と健康を合わせるのか。逆だ。人の命と健康を損なわない範囲で開催するべきだ。開催しなくても人が死ぬわけではない。
ひとが死ぬって言ってるのに猶予期間とは。
お前の命より納期、という意識が目に見えすぎだろ
これ残業の問題どころじゃない。
なぜ人手不足で過労死ライン大幅オーバーランするとわかってる状況でオリンピックの話を進めたのか。なんでも後手後手でバカじゃないのか日本政府は
誰か確実に死ぬ計算じゃん
こうやってゴリンピックの話を持ち出したら大半が「ああ、それはしゃあないね」って思うんやろか。【  :日本経済新聞】
さっそく骨抜きにされるのか…(´・ω・`)
東京五輪のためなら、労働者の命を犠牲にすることもためらわない安倍政権。→
人手不足だから、待ってほしいというのはおかしい。本来優先して守られるべき人が守られないですよね。
人手不足なら雇えば?
来ない?カネが安いからでしょ?
ちゃんと見合ったカネ払えば人くるよ。
それだけじゃん。
過労死レベルの時間外労働をしないと実現できないような五輪なんかいらない。→
王の権威のために奴隷を酷使して無理やり作ったピラミッドのようだね。東京五輪。3年後には日本の墓標になってるんだろう。
おまけに人手不足だけど優秀な人材がほしいとか頭おかしい
たとえ、東京五輪まで建設需要が多いからといって、残業しすぎていいってことはないはず。そんなに人雇いたくないんだって思う。
忙しいところはマジ忙しい⇒
どうも議論が明後日の方向を向いてき。てるような。ならばいっそ2020年末までの期間限定で就労ビザ要件を大幅に緩和して、外国人労働者を導入する実験してみれば。:
[B!] その後どうするつもりなんだ、、   :日本経済新聞
五輪悪い>業界は2020年の東京五輪に向けて深刻な人手不足が予想されるため、五輪が終わるまで適用しないよう要請している。/
休むも仕事と偉い人が言ってたぞ
突貫工事ヨクナイ(c_c)
健康阻害してまでやらなきゃいけない仕事なんて無いし、どんなに素晴らしいプロジェクトも最大限の健康を確保した中でできる範囲で良くない?健康ってだけで幸せじゃん
そんなオリンピックいらねー!
猶予して、仕事が少なくなったら、規制適用する体力なくなってるよね。
殺人する気満々やな: : 日本経済新聞
>政府は適用除外を運輸と建設に限る方針だが、経済界からはもっと広げるよう求める声も上がる
どこまで糞なんだ。
台所の火事がまだ終わってないのに客間に大勢呼んでパーティーで騒ぐ為に労働者を死ぬまで働かせようって訳ですか。正気の沙汰じゃありません。>
話が逆だ。まず五輪をやめにして、次に残業も悉くやめにする。→
人を殺す気か /
研究開発はともかく、運輸、建築は危険が危ないだろ。
なめてんのか、こら。
"運輸や建設、研究開発は業務の特性上、一定の長時間労働が避けられない"/"政府は研究開発については健康を保つための措置などを義務づけたうえで規制の例外とする方針"/対岸の火事じゃなかった… / "残業時間の上限規制「東京五輪まで…"
運輸・建設以外にも適用除外を広げろと要求する資本家達、まさに人殺しだ。
何かおかしいことをみんなで言い合ってる。
なんだこの言い分。
ちなみに販売業の人で不足は営業時間短縮でいいだろって思うんだが。
オリンピックまでに何人事故死するんだろ。
ただ、運輸や建設、研究開発は業務の特性上、一定の長時間労働が避けられない

研究開発は100歩譲っていいとして、運輸建設は別に人用意すればいいだろ…
this is 安倍ちゃん quality.
労働者の酷使なしにオリンピックが開催できないのであれば、今からでも五輪は返上した方がよい。...オリンピック「成功」後に、それらの残業は、「美談」として利用されるだろう。

残業時間の上限規制「東京五輪まで猶予を」
100時間でも足りないとは、いやはや開いた口が・・・・!
こんなことまでしてオリンピックなんぞ、やらなくてもいいんでないの!
やりたいって、やるって決めた人たちだけで頑張ってください。
それか対価をしっかり払うこった。タダで人をこき使おうなんて図々しい。恥を知れ
一億玉砕オリンピックかよ。壮絶な覚悟でやるんですね。
そもそも今ですら人手不足の業界だし。五輪後建設費の爆上げ待ったなし、ということは不動産関係もかなり冷えるな。まぁでも決まったことだし是非もないね! /
五輪なんて、ほどほどに働いてその日までにできた範囲の施設でやればええやん。と思います。国威発揚か何か知らないが、人びとに働きすぎを強いてまでやるものかよと思う
本質的にマネジメントに失敗しているとしか思えないんだけどさぁ……
分かった、もうオリンピック開催権返上しよう、国民不幸にしてまでやるこっちゃないでしょ
国民を奴隷としてこき使う事しか考えない、裸の暴君安倍晋三。自公の奴隷として生き、自公の奴隷として死ぬのが良いのか、日本人。>
医者とか官僚とか学校の先生とかも除外されそうな勢いだな。
残業代にかける係数を大きくすれば減るよ、きっと。
譲歩するとその分踏み込まれるだけな展開になってきたな… -
あ、私死ぬんだ…(直感)
ひどい話だけど自分が過労死するだけならまだマシなのかも。トラック運転手が働き過ぎて疲労がたまると、居眠り運転して他人の命を奪ってしまうかもしれないから
運送業と建設業については東京五輪が終わるまで猶予されるのか… #残業時間
月100時間未満残業でも疑問なんだが、さらに例外まで設けるわけですか…<  :日本経済新聞>
またも東京五輪が名目につかわれている。そもそも人を馬車馬のように働かせて使い捨てしてまでなんでやるのかな?
欲しがりません、勝つまでは。
100時間でも厳しいってどんだけなんや。
待遇改善する気無いでしょ。
東京オリンピックという、国家総動員体制 ⇒
誰かに犠牲を要しなればできないオリンピックなら、そもそもやる理由って無いような気がします。 →
三六協定?コンビニは24時間年中無休なんだから、残業なんて概念はないんだよ?
「運輸や建設、研究開発は業務の特性上」そうなんだ
《政府は月末にまとめる働き方改革実行計画で、運輸や建設の適用猶予期間を具体的に明記したい考えだ。》

オリンピックのワイルドカードぶりがヒドい👀
建設業界ではサービス残業が横行。労災隠しですら未だにある。他組織からの現場監視がないと無理だな。猶予しても五輪あとの不況が予測できるので小手先臭いな。
仕方なく上限設ける感ありあり。五輪までは規制を厳しくしないとは。経済界は「規制枠をもっと広げろ」だって。どこまでアホなんだ経団連。QT:
(´・_・`).。oO(五輪で死んだら、それこそ「五輪終」やないけ)



安倍晋三首相が残業時間の上限規制で運輸業と建設業への適用を猶予すると表明。焦点はいつから実施するか。
五輪終わったら仕事なくなるから今のうちに稼いでおかないとね。
残業しないと回らないって、もうすでに回っていないってことだよな。
運輸と建設関係の人は、ブラック企業に気を付けなきゃ、残業にひどい目にあうかも、たぶん五輪以降も、すぐ会社やめられないし、他の業種もやばい、経団連無能、社畜反対
安倍晋三首相が17日、残業時間の上限規制で運輸業と建設業への適用を猶予すると表明。業界は2020年の東京五輪に向けて深刻な人手不足が予想されるため、五輪が終わるまで適用しないよう要請

オリンピックを止めれば良いことずくめ
いっぱい残業したら国が金メダルあげるようにしよう
なんと、まあ……。今度の規制の上限超えて、建設作業やトラック運転するのって、事故の元だと思うんだが
安倍は画期的だなどと自画自賛してたね、確かに画期的だは、いきなり骨抜きとは。ここまでして東京五輪なんかやる必要があるんですかね、東京五輪なんてやめちまえ。

残業時間の上限規制「東京五輪まで猶予を」
共謀罪と同じだ。
オリンピックやるために過労死を認めよということか?
だったらオリンピック止めとけ。
残業上限規制「東京五輪まで猶予を」  > 何の為に『法定労働時間』があるのか? 法制度が遵守されないなら権利も秩序も成立しない。「日本死ね!」。日本はオワコンなのだ。籠池の証人喚問で首脳陣も背広組も官僚も一斉検挙すべし。
[日経] 安倍晋三首相が17日、残業時間の上限規制で運輸業と建設業への適用を猶予すると表明し、焦点は両業界でいつから実施するかに移る。業界は2020年の東京五輪に向けて深刻な…
以上

記事本文: 残業時間の上限規制「東京五輪まで猶予を」 運輸・建設業界  :日本経済新聞

関連記事

46コメント 2017-03-23 08:16 - www.tokyo-np.co.jp

一カ月の残業時間の上限を百時間未満などとする労働基準法改正問題で、政府が運輸業や建設業など一部業種について、二〇二〇年東京五輪・パラリンピック後まで法律の適用を見送る公算が大きくなった。運輸業は特に長時間労働が問題化しており、法の適用が遅れればそれだけ、過酷な労働環境が続くことになりかねない。(北條香子) これらの業種はこれまでも残業時間の基本的な上限の対象外だった。...[続きを読む

画像で見る主要ニュース