TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > ソニー、ライブ事...
22コメント

ソニーがエンターテインメント分野でライブ事業を収益の柱に据える。傘下でライブホール「Zepp」を手掛けるZeppホールネットワーク(東京・港)が17日に大阪市で2カ所目のホールをオープン。今後、横浜市や神戸市などでの開業も検討する。音楽のネット配信の普及でCDなどパッケージソフト市場は縮小している。ソニーは収益性の高いライブ事業で落ち込みを補う。 Zeppはソニー・ミュージックエンタテインメント…...


Twitterのコメント(22)

"横浜市や神戸市などでの開業も検討する。音楽のネット配信の普及でCDなどパッケージソフト市場は縮小している。ソニーは収益性の高いライブ事業で落ち込みを補う。"
ソニー・ミュージックエンタテインメントが全額出資する子会社Zeppは日本全国5箇所でライブホールを展開中。2018年に福岡市に再進出を決め、横浜や京都、神戸などでの開業も視野。 /
ちょっと、ソニーさんウハウハですやん!ヾ(o・ω・)ノ
いま回収期だもんね(笑)
Zepp横浜!期待してます(^o^)
これ朗報かも。しかし、ソニーさん大丈夫?
福岡再進出、万歳。京都神戸はキャパ注意や!
大阪の湾岸に2つ目のZEPPって、閑古鳥が鳴きそう。しかも今のより大きい。
どうせやるなら、京都・神戸に500人までの小規模のを作ったほうが流行るはず。
大阪に 2800人規模ホール
Zepp Osaka Baysideを本日オープン
今後は京都市、横浜市も建設検討視野に
日本経済新聞
これか
17日、Zeppが大阪で2つ目のホールをオープン。現在は東京や札幌、名古屋など5カ所。福岡に18年に再進出。今後は名古屋に2つ目のホール、横浜や京都、神戸などでの開業を視野。20年までに台湾やマレーシアなどに進出する計画(日経)
横浜にもZEPPができるのか、Blitzが無くなって以来大きなライブハウス無くなったからうれしいぞ!
Zeppってソニーだったのかw
"横浜市や神戸市などでの開業も検討する"
横浜BLITZ跡地、3/10まで募集してるよ~
リツイした記事のWEB版はこれかな。電子版登録しないと続き読めないけどw
@各位 (ゴゴゴ
大阪に2800人規模ホール(日本経済新聞) 大阪ベイサイドはVIP席とかグッズ売り場もあるのか。名古屋はささしまライブの借地権契約が2020年までだから、早めに2館目をオープンさせておくのかな。
名古屋市内2つ目のZepp出来る予定で、横浜市や神戸市や京都市にZepp開業を「検討」か。
へー、2014年から音楽ライブ事業はソフト生産額を上回っているのか。自分が原稿書きながらワークショップを頻繁に開催さしているのも、同じ流れなのかもしれない。
今日Zepp大阪ベイサイドオープン、、
名古屋に2つ目のZepp作るかもって!!!!
横浜、京都、神戸にも作るかもって!!
「音楽のネット配信の普及でCDなどパッケージソフト市場は縮小している。ソニーは収益性の高いライブ事業で落ち込みを補う。」

ハイレゾよりライブというのはわかる…

Zepp大阪ベイサイド、新設なんや(今度行く)/
以上

記事本文: ソニー、ライブ事業に活路 大阪に2800人規模ホール  :日本経済新聞

関連記事

20コメント 2015-11-23 17:32 - togetter.com

日曜日のくりいむレモンイベントで頒布するCDジャケットサンプル持って、担当のスーパーデザイナーうおたにじゅんさんと新宿磯丸でで確認中。DVDトールサイズですが、中身は音源CDです。 pic.twitter.com/kt7z1r2JzJ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース