TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 次期米国務長官、...

次期米国務長官、尖閣防衛「協定に基づき対応」  :日本経済新聞

15コメント 登録日時:2017-01-12 10:05 | 日本経済新聞キャッシュ

【ワシントン=川合智之】トランプ次期米大統領が国務長官に指名した米石油メジャー最大手エクソンモービルのレックス・ティラーソン前最高経営責任者(CEO)は11日の米上院外交委員会の公聴会で、沖縄県・尖閣諸島に中国が侵攻したら「協定に基づいて対応する」と証言した。尖閣諸島が日米安全保障条約の適用対象というオバマ政権の見解を引き継ぐ方針を表明した。 共和党のマルコ・ルビオ上院議員の質問に答えた。中国大陸...

Twitterのコメント(15)

引用〈ロシアのウクライナ侵攻は「違法行為だ」と批判〉、〈「気候変動のリスクは存在する」と認め、2020年以降の温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」にとどまるべきだと主張〉 /
まあ、これまで通り、常識的な対応だな。
中国に配慮して報道しない、NHK・ニュースウォッチ9。
他にも党内に異論があるトランプ氏の政策は軒並み否定し、上院での指名承認に向けて安全運転に徹した
11日の米上院外交委員会の公聴会で、沖縄県・尖閣諸島に中国が侵攻したら「協定に基づいて対応する」と証言した。尖閣が日米安全保障条約の適用対象というオバマ政権の見解を引き継ぐ方針表明 日経
尖閣諸島が日米安全保障条約の適用対象というオバマ政権の見解を引き継ぐ方針を表明した。
上院の公聴会で、これだけトランプ次期大統領の主張と相違することを述べておいて、国務長官に就任してから、仕事をやれるのだろうか?
TPP賛成か。誰が操ってるんだろう、トランプ個人じゃないのは確か。
国務長官ティラーソンとトランプの考え違いすぎて草
尖閣諸島が日米安全保障条約の適用対象というオバマ政権の見解を引き継ぐ方針を表明した。/
日本が防衛努力をしない限りは、「協定に基づき対応」とは言ってもアメリカは動かない。日本は、自国の領土を自国で守れる国になり、その上で米国と共同防衛にあたるべきだ。
言ってる内容がいつもの共和党だな
この通り政策実行して欲しいところ
[日経]次期米国務長官候補、尖閣防衛「協定に基づいて対応」 【ワシントン=川合智之】トランプ次期米大統領が国務長官に指名した米石油メジャー最大手エクソンモービルのレックス・ティラーソン前最高経営責任者(CEO)は11日の米上院外交…
以上

記事本文: 次期米国務長官、尖閣防衛「協定に基づき対応」  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース