TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 作業員の肺から2...

作業員の肺から2万2000ベクレル検出 原子力機構  :日本経済新聞

19コメント 登録日時:2017-06-07 13:47 | 日本経済新聞キャッシュ

記者会見する日本原子力研究開発機構の担当者(7日午後、文科省)=共同 原子力機構によると、放射性物質はプルトニウム239。5人について「内部被曝している可能性が高い」ものの「現時点で健康影響は出ていない」という。2万2千ベクレルが計測された作業員については「将来的に健康影響が出る可能性を否定できない」との見解を示した。 5人は被曝医療施設のある量子科学技術研究開発機構(千葉市)に搬送された。 原...

Twitterのコメント(19)

この人自身に放射性物質が体内に残り放射線を発する、ということはこの人に接することで被ばくするということかな?医療関係者とか。
原子力機構: 確か、直ちに影響はしないって即日報道してたよなぁ。
これで、福一の処理は順調とか言われた所で誰が信用するかっての。
@takky_ochappy フォロー外から失礼します。
試算値だと初年1.2シーベルト、50年積算12シーベルトなので、わりかし重たい事故のようです。
これbの値もやばいけど、それ以上にプルトニウムってところがやばい。
1年間で1mSVだよ。
なのに1年で1.2SVなんでしょ?
重大事故だよ。
日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターの実験室で起きた被曝事故で、同機構は7日、1人の肺から最大約2万2千ベクレルの放射性物質が計測されたと発表。
「 原子力機構」 『日本経済新聞』
放射性物質はミスをする人間が扱うべきものではない。
原子力を制御できるというのは人間の思い上がりだ。
作業員が吸った袋にはプルトニウムも含むらしい。
アルファ線が体を蝕むわけですか。ヤバい。
人間は放射性物質とこれから付き合うことになるね。まさに放射性物質奴隷だね。
冗談じゃない。
計算の根拠がちょっと良く分からない。239Puの吸入摂取時における実効線量係数は大きく取って3.20E-05程度、従って今回は50年で0.7Sv位と計算してたんだけど。預託実効線量と等価線量を混同してる訳じゃ無いんだろうけど。
これは酷すぎる…事故に遭われた方は、240倍の放射能を24時間浴び続ける計算になるのか…業務改善とかそうゆうレベルの話なんだろうか…人間がやる作業ではないような…:
ちなみに↓の日経はベクレル表記しか無い。
「将来的に健康影響が出る可能性を否定できない」との見解
茨城県大洗町にある「大洗研究開発センター」の燃料研究棟で男性作業員5人が被曝(ひばく)した問題で、1人の肺から最大約2万2千ベクレルの放射性物質が計測されたと発表→
茨城県大洗町にある「大洗研究開発センター」の燃料研究棟で男性作業員5人が被曝
被曝作業員から高線量 原子力機構研究棟で  放射性物質はプルトニウム239。5人について「内部被曝している可能性が高い」という。2万2千ベクレルが計測された作業員について「将来的に健康影響が出る可能性を否定できない」との見解を示した。
以上

記事本文: 作業員の肺から2万2000ベクレル検出 原子力機構  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース