TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 人工知能、市場に...

人工知能、市場に参上 「熟練トレーダー」再現  :日本経済新聞

32コメント 登録日時:2016-04-05 02:09 | 日本経済新聞キャッシュ

 熟練トレーダーの相場観をコンピューターで再現できないか。野村証券はそんな発想で開発してきた新たな株式売買システムを、5月にも機関投資家向けに提供する。...

Twitterのコメント(32)

これは凄いな。
日本で手掛けるのは主に売りと買いの両方の注文を提示する手法。超高速取引で注文の最前列にいければ、利ざやが得られる。「野球のイチローのようにコツコツ稼ぐ」 くだらん。
市場の一層の効率化(アノーマリーの排除)に寄与なんですかね?|
トレードが儲けるための手段であって目的ではない以上、機械任せの方が儲かるとなれば早々に人間から機械に移行するだろうな。
市場に限らず。実は人間がやっているのだけど人工知能がやってます、といった「人工知能詐欺」とかありそうだよね。
こういうのが登場すると、それを見越したトレードされるようになるから……イタチごっこではある。
良く知っている方々(和泉さん、柏原さん)が出てくる記事。あと、HFT最大手のバーチューもマーケットメーク戦略が主だと書いてあるのも興味深い(本当かどうか分かんないけど)。:
人工知能によるトレードとHFTを同じくくりで書くのはいかがなものかと思うのですがどうでしょう。
ますます厳しくなりますね。
お金が手軽に欲しいなら導入しましょう
訓練データも膨大にあるし、評価も取引結果の損益で簡単にできる。株式の売買というのは人工知能の応用としては簡単な部類に入るのかも
他の人も使い始めたら結局は…。» 予想は結果的に外れるかもしれない。だが今後、新システムは人工知能(AI)を駆使し、経験を積むごとに自ら学習して予測能力を高めていく。   :日本経済新聞
"「現在の市場は2週間前のあの瞬間と似ている」などと判断し、数分後の株価を予想"うそぴょーん /
「たとえば99円の買いと100円の売りを同時に出す。通常は商いが成立するまで時間がかかり、価格も変動する。だが超高速取引で注文の最前列にいければ、1円の利ざやが得られる。「野球のイチローのようにコツコツ稼ぐ」とシフ氏はいう」
もはや単純作業ではなくトレーダーというハイエンドな職種が奪われる現実。
「熟練トレーダー」再現: 熟練トレーダーの相場観をコンピューターで再現できないか。野村証券はそんな発想で開発してきた新たな株式売買システムを、5月にも機関投資家向けに提供する。 数分後を予想 膨大な...
日本株式市場は下落が下落を呼び、上昇が上昇を呼ぶ賭博場のようなジェットコースター相場が強化されることを意味するのでは。
これをやられたら、個人投資家はマザーズとかで細々と取引するしかないのかな。どうなんでしょうw
"機械が支配する市場で先を行くには機械が必要"
稼働したら、「やっちゃった!」ってのあってすんごいの見れそう (@_@;)。。。
バーチュの勢いは衰えていない。今や日本も主戦場だ。
あれ?バーチュの日本での人員って10人程度じゃなかったのか?
野村の熟練トレーダー再現ってめっちゃ弱そうなんですが。
株式投資の世界を人工知能が支配する。新人トレーダーはもちろん、熟練トレーダーは生き残れるのか。ここでも人間VS人工知能の戦いが始まっている。/
これ例のテスタさんのやつかな?∑( ºΔº )
VIRT「日本は我々にとって高収益の市場」
「日本で手掛けるのは主に売りと買いの両方の注文を提示する手法」

西山さんの指摘の通り、規制が緩いからやりたい放題なのだろうか。

熟練トレーダーの相場観をコンピューターで再現できないか。野村証券はそんな発想で開発してきた新たな株式売買システムを、5月にも機関投資家向けに提供する。
東証は何でも容認してはいけない。
特に1、2月のような市場を掻き乱す動きはさらに増してくる。
AIベースだとみんな同じ動きをして、需給ギャップがなくなった結果、ボラティリティが高くなるのかね/
おはようございます。予想以上にAIの進展が早い。
なんだこれ!
1238日間で1237勝1敗のシステム、主戦場が日本だとか→
以上

記事本文: 人工知能、市場に参上 「熟練トレーダー」再現  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース