TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 残業の上限規制を...

残業の上限規制を検討 働き方改革相  :日本経済新聞

23コメント 登録日時:2016-08-28 19:40 | 日本経済新聞キャッシュ

加藤勝信働き方改革相は28日のNHK番組で、残業時間の上限規制の導入について、9月に発足する「働き方改革実現会議」で検討する考えを示した。労使間で協定(三六協定)を結べば労働時間を上限なく決められる実態があるとして「時間外の労働規制についてしっかり再検討したい」と述べた。政府は今年度中に働き方改革に関する実行計画をまとめる。 労働基準法は労働時間は1日8時間、週40時間までと定めている。ただ、労使...

Twitterのコメント(23)

@yomidamaya 勉強になるわ。僕は労働が尊いものだと思う。昔の工芸品とか嫌々作ってたようには思えない。時間単位では、労働の価値をすべて決められないやん?残業必須の業態もある。だから下記の一律同じ枠にはめる動きには反対なんや。
是非とも推進し、経団連に骨抜きされた内容にしないで欲しい。
特定業務は例外とかアホな事言わないで、全業種対象にするんだぞ( ゚Д゚)
>>
つまりブラックが増えるんでは
どうやって取り締まるんだよw
「アメ」でしょうな。並行して安倍政権の悲願である残業代ゼロ法案・解雇金銭解決法案を導入するのでしょう。
新聞記事より。「 働き方改革相」  勤務感インターバル制度の検討など、長時間労働規制のための具体策が求められますね。
ほう。。。 " - 日本経済新聞 すべて
加藤勝信働き方改革相は労働時間短縮に取り組む企業向けに「コンサルティングの支援もしていく」と語った。
このような規制で長時間残業が減ると考えているとしたら、おめでたいね!
36協定の限度基準を法定化(罰則付き)するとともに、特別条項の規定は廃止してさらにインターバル規制も入れないと労働者の健康を守る実効性は全くない。
けっこうずれてる。
問題は三六協定での残業時間上限撤廃でなくて、経営側(特に中小企業)が労働者に労働の対価を支払わないサービス残業の蔓延。
【NEWS】日経(19:02) 定時で帰らせ、その分必要な労働力は他人にワークシェア。収入減の家庭に緊張感を与え、その一部は専業主婦がパートで担う…一億層活躍時代・女性活躍促進とやらが透けて見える
サービス残業が増えるだけのような気がする。もっとちゃんと取り締まらなきゃ。抜け道が多すぎる。
どうせチェックしないのに意味ないだろうに
36協定が労基法を形骸化している。36協定は名ばかり協定でほぼ強制だから。36協定を廃止すればいい。
みんなを非正規社員にして低賃金で働かせようってはなしになりそうで。

非正規社員の処遇改善を進める「同一労働同一賃金」の導入がテーマ
国=お上が決めることではない。
安倍自公政権によるまぎれもない国民生活の細部にわたる「お上」による監視統制社会の方向へのステップ。自民党改憲草案の本質から当然のようにお上が指図するようになる。
『労使間で協定(三六協定)を結べば労働時間を上限なく決められる実態があるとして「時間外の労働規制についてしっかり再検討したい」と述べた』ここは是非ともよしなにお願いしたい。【 】
[日経] 加藤勝信働き方改革相は28日のNHK番組で、残業時間の上限規制の導入について、9月に発足する「働き方改革実現会議」で検討する考えを示した。労使間で協定(三六協定)を結べば労働時間を上限な…
役所に規制を決めてもらって、役所がしっかり監視しないと、なかなか改善しないんじゃなんんだろうな、とは思う。→
これ、サービス残業奨励にはならんのか?>>>
厳しい罰則を付けないと規制をかけても守られないと思うが。
こいつは何が問題か知らない!! »
以上

記事本文: 残業の上限規制を検討 働き方改革相  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース