TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > マネックスとソロ...

マネックスとソロス氏の夢 仮想通貨、投機から実用へ  :日本経済新聞

32コメント 登録日時:2018-04-16 07:00 | 日本経済新聞キャッシュ

 仮想通貨が投機対象ではなく決済や資金調達の手段として普及する日が訪れる――。そんな可能性に着目するような動きが日米でみられる。マネックスグループと米著名投資家ジョージ・ソロス氏のソロス・ファンド・マ...

Twitterのコメント(32)

実用に向かうということは
値段を安定させに行くということだろうか🤔
マネックスはテンバガーを狙える>
ソロス氏も参戦間近!
投機ではなく実需に注目
仮想通貨を単に投機の場としか考えない人たちとは違い、ソロスや松本氏には僕らに見えない未来が見えているのだろうか。
今は市場が小さいからボラもデカイけど市場拡大によってボラも小さくなるし投機的な動きが無くなるのは自然な事。だからこそ先行者利益があるんだけどね。
やはりいくら不祥事が起ころうと、金融界の生態系の進化のうねりは止められないわけだ。
乗っ取られちゃった。
#仮想通貨 #投機 #実用 #ジョージソロス #マネックス #夢
すごくいい方向に向いてほしい!(●´ω`●)
マネックスが入ってきたことで業界によりベンチャー的な雰囲気が薄まる。

つまり、仮想通貨がより現実的なものになってきてる✨

一部のベンチャーがやっていること、という認識から仮想通貨の浸透が疑いようのない段階に来ている🌅
「仮想通貨第二幕」
いい締め方だ。
[日経] ― 編集委員 永井洋一

> 仮想通貨が投機対象ではなく決済や資金調達の手段として普及する日が訪れる――。そんな可能性に着目するような動きが日米でみられる。
うっ。これは
日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

両社の同床異夢ならぬ「異床同夢」からは、従来の銀行業や証券業の枠では語れない金融の未来像が浮かぶ。
「投資」したくなっちゃうけど、今はまだ我慢。
マネックスもソロスも良いこと言うやんか(^-^)
実用的になるならなおさら価格の高騰は堅い。今から握っているガチホ勢が将来良い思いできる!
お金を1カ所にプールする必要さえなくなるかも。「仮想通貨技術を使えば、お金を借りたい人と貸したい人をネット上で直接、結びつけることさえも可能だ。実現すれば、信用創造すら不要な世界が誕生する」 /
「投機から実用へ。仮想通貨の第二幕が近づいている。」
このフレーズ最近頻繁にみますね。
リミックスポイントの小田社長が描く仮想通貨決済が近づいてくるー!!
ソロスさん、ショートよりロング推奨してほしい(´・ω・`)
Google マイフィードから共有しました
投機的過ぎてある層からは嫌われてますよね!インターネットの時も同じでしたけど
マネーーーックス!!!!
>両社の同床異夢ならぬ「異床同夢」からは、従来の銀行業や証券業の枠では語れない金融の未来像が浮かぶ。
皆様おはようございます🌄
今週も宜しくお願い致します
実用ならプライバシー配慮必要じゃないですか?
こうなると信じて2年前から暗号通貨に投資してますからw
噂があるテザーみたいなもの、、、
「貨幣発行の自由化こそが時代の流れ」
以上

記事本文: マネックスとソロス氏の夢 仮想通貨、投機から実用へ  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース