TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 米「恐怖指数」が...

米「恐怖指数」が急上昇 昨年の大統領選以来の高さ  :日本経済新聞

12コメント 登録日時:2017-08-11 07:02 | 日本経済新聞キャッシュ

【NQNニューヨーク=古江敦子】10日の米株式市場で投資家心理を測る目安である変動性指数(VIX、通称・恐怖指数)が前日比4.93ポイント(44.4%)高い16.04を付けた。米大統領選の投開票日だった2016年11月8日以来ほぼ9カ月ぶりの高さ。北朝鮮情勢が緊迫し、投資家心理が急速に悪化した。 北朝鮮は10日に米グアムに向けて弾道ミサイルを発射する計画を発表した。一方、米トランプ大統領は同国への...

Twitterのコメント(12)

市場への影響は、リアルな兆候。一過性か持続的か。
一方、9月米国議会トランプ氏政策実現性本格審議。政権に圧力。
VIXが大統領選以来の高さというと、差し迫った事態に思えるが、数値は16。不安が高まった状態は20を超えた段階とされる。このあたりの米市場の危機感がいま一歩つかめない。「『恐怖指数』が急上昇 昨年の米大統領選以来の高さ」:日経電子版
この状態で、米CPIの公表。どうなるドル・円。ミセス・ワタナベも「臨戦態勢」に --
ですってよ。
米「クルクルパー指数」が急上昇 昨年の大統領選以来の高さ:日本弥撒経済新聞 !
MISS ILE!
最近、米国と北朝鮮との違いがわからなくなっている。面白いトップとその周囲。プロパガンダの手法。低レベルな恫喝合戦。流れを変えるにはどちらかのトップ交代しかなさそう。
米「恐怖指数」が急上!
昨年の大統領選以来の高さ
ようやく波及してきた⇒
米「恐怖指数」が急上昇、昨年の大統領選以来の高さに 北朝鮮情勢の緊迫で:日本経済新聞
米「恐怖指数」が急上昇、昨年の大統領選以来の高さに 北朝鮮情勢の緊迫で (日本経済新聞) 【NQNニューヨーク=古江敦子】10日の米株式市場で投資家心理を測る目安である変動性指数(VIX、通称・恐怖指数)が前日比4.93ポイント…
株式などリスク資産を手放す動きが広がりました。
▶米「 」が急上昇、昨年の大統領選以来の高さに 北朝鮮情勢の緊迫で:日本経済新聞
以上

記事本文: 米「恐怖指数」が急上昇 昨年の大統領選以来の高さ  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース