TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 新「東京五輪音頭...
12コメント

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は24日、前回の東京五輪のテーマソング「東京五輪音頭」を現代風にアレンジした「東京五輪音頭―2020―」を発表した。俳優で歌手の加山雄三さん、歌手の石川さゆりさんら3人が歌うことも同日、発表された。東京五輪の開幕まで残り3年。組織委は全国各地の夏祭りや盆踊りなどで踊ってもらい、東京五輪への開催機運を高めていく。 前回の東京大会では、故三波春夫さんが「...


Twitterのコメント(12)

歌手は加山雄三さんら3人:日本経済新聞

若い世代に受けるのか、やや不安な気が。
昭和のオリンピックを開催するつもりかね。
若大将、2020年には83歳。体力的に大丈夫?  歌手は加山雄三さんら3人:日本経済新聞
虚構新聞かと。これは日本歌謡界の選手層の薄さの問題なのか、ロリ系が担がれるリスク回避で逆張りしすぎたのか。。。 テレビで流れる分には観るのは老人だからってこと?
「五輪の若大将」てもう80だぞ、開幕前に動けなくなったらどうすんだよ。
2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は24日、前回の東京五輪のテーマソング「東京五輪音頭」を現代風にアレンジした「東京五輪音頭―2020―」を発表した。俳優で歌手の加山雄三さん、歌手の石川さゆりさんら3人が歌う
これどれだけお金かかるのだろうか
昭和が基本らしい。しかしもう一人は誰なんだ?w>「加山雄三さん、歌手の石川さゆりさんら3人」 歌手は加山雄三さんら3人:日本経済新聞 -
[日経] 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は24日、前回の東京五輪のテーマソング「東京五輪音頭」を現代風にアレンジした「東京五輪音頭―2020―」を発表した。俳優で歌…
以上

記事本文: 新「東京五輪音頭」発表 歌手は加山雄三さんら3人  :日本経済新聞

関連記事

38コメント 2017-07-24 05:54 - www.nikkansports.com

2020年東京五輪・パラリンピックの大会機運醸成のため、1964年東京五輪時に流行した「東京五輪音頭」を現代風にアレンジする取り組みで、「新東京五輪音頭」の歌手に加山雄三(80)、石川さゆり(59)が選ばれたことが23日、分かった。 「東京五輪音頭」は63年6月に発表され、故三波春夫さん、故坂本九さん、橋幸夫ら10組の歌手が歌唱した。中でも三波さんは約250万枚を売り上げる大ヒットで、東京五輪の顔...[続きを読む

画像で見る主要ニュース