TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 日経平均大引け ...

日経平均大引け 初の15日続伸 239円高、景気敏感株が上昇  :日本経済新聞

12コメント 登録日時:2017-10-23 15:12 | 日本経済新聞キャッシュ

 23日の東京株式市場で日経平均株価は15日続伸し、前週末比239円01銭(1.11%)高の2万1696円65銭で終えた。15日営業日連続の上昇は過去最長となる。日経平均は1996年7月15日以来、約...

Twitterのコメント(12)

おめでとう!
このまま、バブル以来の高値更新を果たして本当の意味で日本を取り戻しましょう。
割とギャンブラーぽい、トレーダーさんは、先週末に「景気敏感株」を仕込んで、本日手仕舞いしている。
「日経窓あけてスタートもそのが上がらない理由」
(玄さん
これがやばいなぁ。
で、衆院解散から幾ら上がったの?
日経平均株価史上初の15連騰。でも今日は陰線で売り方もまだ元気。引けにかけて一段高となった時が売り時でしょうかね?
やめてー 反安部の人達のイライラが止まらない

太田胃散の株でも買おうかしら
衆院選を受けた23日の日経平均株価は15日続伸し、過去最長になりました。終値は239円高の2万1696円で、約21年3カ月ぶりの高値です。与党の大勝で、アベノミクスの継続を見込んだ海外投資家の買いが入りました。
日経平均、史上初の15日連騰。この恩恵をたくさん受けられるといいんだけど、私はちょびっとだけ(笑)
アベノミクスへの追い風ですね。今後は、PB目標を先送りにして財政政策を吹かすべきでしょう。そうすれば、株高はさらに続きます。来年度予算に期待します。
乙でした (^o^)
日経平均、史上初の15連騰!
わしらには何にも関係ない。給料あげてくれ。
以上

記事本文: 日経平均大引け 初の15日続伸 239円高、景気敏感株が上昇  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース