TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 「幸福感」高まる...
11コメント

日立製作所は人工知能(AI)「H」と、名札型のウエアラブル端末を活用し、社員の仕事の労働生産性が高まる技術を開発した。グループの法人営業部門の約600人で実験したところ、AIによる分析に基づいて働き方を改善した部署では、製品・サービスの受注額が目標を平均11%上回る成果を出した。今後、他の企業でも検証し、組織活性化ツールとして実用化を目指す。 日立が長年研究を続けてきた人の「幸福感」についての分…...


Twitterのコメント(11)

一昔前に、「オフィスの幸福感」の計測をやっていた日立が、今度はアドバイスもするらしい
「最新のウエアラブル端末は運動量だけでなく、睡眠やストレスの状態なども測定できる|企業が従業員に配布して生活習慣の改善や仕事の負荷分散などに役立てる動きが広がっている」|
AIが職場の幸福感を計測測定と。興味深い記事だが「幸福感」や「組織の活性度」、この職場における「労働生産性」の定義を詳しく知りたい。AIによるアドバイスがやや凡庸なのも惜しまれる。>> 「幸福感」高まる働き方、AIが助言 日立
いいことのような気もするけど、なんか怖い。AIが提示する幸福を幸福として受け入れられない人は淘汰される社会が来そうな気がして。
すでにAIに牛耳られてる人間
ついに働き方まで人工知能に支配(言い方悪いけど)されていくのかなー
笑っちゃうしかないな。幸せを機械に教えてもらうのか。誰かにアドバイスされて気付く程度の幸せさえ得られていないなら、それも悪いことじゃないと思うけどね。それとも俺の闇が濃いのかねぇ。/
「幸福感」高まる働き方、AIが助言 日立:日経
これ、サボってる人が把握できるし、働き方改革(生産性向上)に役立つね♫
自分はいつもハッピーだから、これやったらどうなってしまうのか!?
「日立「幸福感」高まる働き方を人工知能が助言」日本経済新聞
「日立製作所はAI「H」とウエアラブル端末を活用して社員の労働生産性が高まる技術を開発した」「身体の動きの持続時間のばらつきが大きいほど幸福感が高くなり労働生産性も高まる」
以上

記事本文: 「幸福感」高まる働き方、AIが助言 日立  :日本経済新聞

関連記事

39コメント 2014-10-24 21:40 - news.nicovideo.jp

市場調査会社のイプソスとTolunaはこのほど、共同で「幸福感に関するアジア3カ国調査」を実施、結果を公表した。同調査は3月、香港、日本、シンガポールの3カ国の18歳~50歳の男女を対象に実施。サンプル数は1,500人、各国500人が回答した。調査実施機関はイプソス。調査手法はオンライン調査(オンラインパネルはTolunaが提供)。○日本では67%が「幸福であ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース