TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > こども保険検討へ...
21コメント

政府は、教育無償化や待機児童解消などをまかなう新たな財源として、年金などの保険料に上乗せして徴収する「こども保険」制度の検討に入る。税金や企業からの拠出金でまかなう案などと比較検討し、早ければ年内にも方向性を出す。少子高齢化が急速に進む中、子育てや教育にかかる負担を社会全体でどう分かち合うのか。財政論を超えて国民的な議論を呼びそうだ。 政府は6月にまとめる経済財政運営の基本方針(骨太の方針)でア…...


Twitterのコメント(21)

こども保険。現役世代の会社員と会社だけに負担が集中するような、こんな不公平な徴収の仕方を平然と提案する小泉進次郎議員は絶対に支持しない。次からは落選して欲しいのだけど。

 日経
まあ、東京マスコミさんにとってはこっちのほうが都合がいい、世論誘導したいというのがよくわかる記事(もともと小泉進次郎氏の私案に過ぎぬものをまるで国会で議論した結論であるかのように日曜版の一面トップに、そして社を上げて推奨ですか)・・・
幼い2人の父親として、大賛成です。現状の子供が育てにくく出生率が上がらない日本に将来はないと思います。未来の日本を担うのは子供たちなんですから。
本当にやるなら、今度こそ、所得制限はかけないでいただきたい。同じ子育てなのに、社会に納税の貢献をしている高所得者に恩恵がないのはおかしいと思う🌱
久しぶりにひどい内容の施策

意味不明
解説には子供のいない世帯は給付を受けられないとあるが、そういう世帯から多く徴収すべきでは?
子育てには物心のコストがかかっている。
加計学園と森友学園と私人の秘書5名の人件費を学費値下げに使ってから言え(`´)
なんで老人だけは負担しない方式にするんだよふざけてんのかという気しかしないんだが。
増税できないから保険の概念を捻じ曲げるという力技
財源として(1)税(2)拠出金(3)社会保険料――の3案を明示する。

↑どこまで馬鹿なの?国債は?今の日本の状況では未来への確実な投資を行うという選択以外はない!
僕が政治に求めるのは「安全な生活の確保(消防や警察など)」「自由主義経済拡大の弊害に対する規制(公害規制など)」「最低限の社会保障」で,それ以外は極力「小さな政府」であって欲しい。この国はいったいどこまで社会主義国化したいのかと思う
あたまおかしいな
いずれにしても世帯に現金給付するのではなく、サービス等を受ける現物給付にすべきでしょうな。→
政治家は箱物作りたがるけどー。税金でお金取られると人が動く。
するとその時点で費用が発生して国民に戻ってくるときにはだいぶ目減りしてる。それより
税金安くしてほしい
財源の特徴の比較が分かりやすい。
選挙対策➡︎消費税上げ➡︎企業の内部留保の切り崩し
金集まるところ魑魅魍魎有り…になりそうだし
そもそも子育て世代が投票行かないのが問題な様な・
記事の半分ぐらいがこども保険の解説で草ァ!
1.0%はキッツいんじゃないかな
子を持たない勤労者が理解するかどうか
痛み分けの矛先は実質的な独身税になる気がした。結婚がどんどんビジネス寄りになっていくなあ。
テロ対策じゃないものをテロ対策だと言ったり、保険じゃないものを保険だと言ったり。 〜
これが今朝の日経の一面トップです。本当は高齢者にも負担してもらう税で導入すべきだが、現役世代に負担してもらう社会保険料かなぁ・・・的な。消費税10%超には触れない。/
以上

記事本文: こども保険検討へ 教育向け新財源、税・拠出金と比較  :日本経済新聞

関連記事

26コメント 2017-03-29 02:17 - www.nikkei.com

自民党の「2020年以降の経済財政構想小委員会」は28日、勤労者と事業者から社会保険料を上乗せして徴収し、それを教育無償化などの財源とする「こども保険」制度の提言案をまとめた。上乗せ分の保険料率は当面0.1%とし、約3400億円の財源を捻出する。同党には教育無償化へ「教育国債」を発行する案もあり、教育財源を巡る論争が活発になってきた。 小委は小泉進次郎農林部会長ら若手議員らが中心メンバー。29日…...[続きを読む

画像で見る主要ニュース