TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 「空飛ぶトラック...

「空飛ぶトラック」商用化 ヤマト、積載450キロ 20年代半ばに :日本経済新聞

52コメント 登録日時:2018-10-12 05:59 | 日本経済新聞キャッシュ

ヤマトホールディングス(HD)は米社と共同で無人輸送機=写真はイメージ=開発に乗り出す。最大450キログラムの荷物を時速約160キロメートルで運べる「空飛ぶトラック」で、空中衝突回避など政府の法整備...

Twitterのコメント(52)

「空飛ぶトラック」商用化:

> 最大450キログラムの荷物を時速約160キロメートルで運べる「空飛ぶトラック」で、空中衝突回避など政府の法整備をにらみながら2020年代半ばまでに商用化する。深刻な人手不足に直面する物流業界で技術面で課題克服を目指す動きが本格化する。
空飛ぶクルマ、空飛ぶタクシー、空飛ぶトラック…
「小型コンピューター」が実際は「スマートフォン」となったように、将来は別の名前になるのかな…「スカイウォーカー」とか(燃料はフォース)
無人で空飛ぶトラックの商用化。
SF映画の世界がもうすぐそこまで来てますね。
ドローンで配達する領域になると、今までラストワンマイルの配達を担っていなかった配送効率化データを保持する企業も参入してくるでしょう...
実現したらだいぶ環境変わるだろうな /
「空飛ぶトラック」ヤマトHD 商用化

最大450キログラムの荷物を運べる。
時速約160キロメートルで運べる。

「空飛ぶトラック」名前は少しダサいけど 笑 実現したら大きく物流が変わりますね。
横持ちだけだよなあ配達はしないよなあ
てか日経
、先週航空機で高速輸送すればいいと書いていたら、
本当にできていたw
「空飛ぶトラック」
配送拠点の間を結ぶところで使うとか?まさか配達先の家の前にVTOL無人輸送機が到着、なんてことはないだろうし……。
空飛ぶトラック自体はポジティブだが目の前の宅配クライシスに対して、海外では可能なライドシェア配送(自家用車における配送)は認められてない...
ついに2020年代に空飛ぶ車が出てくるか...。 /
軌道に乗ったらいいよなぁ・・人手不足解消だけど・・そのうち運転手が入らなくなりそう
空飛ぶデロリアン時代も間もなくか(*゚∀゚*)
未来感がすごい
そのうち空飛ぶ夜行バスはかた号も頼む()
最大450キログラムの荷物を時速約160キロメートルで運べる「空飛ぶトラック」で、空中衝突回避など政府の法整備をにらみながら2020年代半ばまでに商用化する。

活動家のみなさん、オスプレイどころではないですよー!w
ヤマトの空輸開始、再来年ですね。いろいろ整備必要だけど楽しみです。人間がどんどん楽できる社会が近づく
映画で見てた未来の世界が来るのはワクワクするけど、空が狭く感じるのはなんともいえないなぁ。
技術開発と法を揺らす。夢もあっていいですね「空中衝突回避など政府の法整備をにらみながら2020年代半ばまでに商用化する」 /
空だ!みんな空を飛ぼう!
タイトルだけ見るとデロリアン
この動力源は何かな?

化石燃料系なら、例によって環境規制によって飛行が制限されそうだし、

電池なら、まずは電池の自重を浮かせられるほど軽量化高出力化が必要だと思うけど、実現できるできるんやろうか🤔🤔
これは胸熱
これ、整備不良での不時着とか、どうすんだろうね…航続距離も気になる
>ヤマトホールディングスは米社と共同で無人輸送機開発に乗り出す。最大450キログラムの荷物を時速約160キロメートルで運べる「空飛ぶトラック」
>一定の高度までは垂直に上昇し、移動時は機体の姿勢を水平方向に変えてスピードを出す

何これすごいオスプレイタイプ?
この試みは、今の中間プロセスの置き換え。イノベーションよりは、改善の一貫だが、話は早く進むのでは。
ただ、自動運転車でも改善できる話。自動化は、個人のハッピーが宣伝されるが、事業領域に絞って展開が時代にあうかも。
積載量450kgとか車重合わせるとどんだけになるのか。時速160kmで突っ込んできたら被害の程は計り知れんね。利便性よりも安全性重視だろ。廃校になった小学校の校庭とかにオスプレイで運んで配送した方がいい気がする。
空飛ぶってさ
空飛ぶ〇〇が今後20年ぐらいには一般的になりそうだ。ヤマトがんばれ!
ヤマトが無人輸送機開発に乗出す。450キログラムの荷物を時速160キロで運べる「空飛ぶトラック」で、20年代半ばまでに商用化する。人手不足に直面する物流業界で技術面で課題克服を目指す動きが本格化。

思ったより早く実用化されそう!
空飛ぶタイヤをイメージしちゃう→
これ、法律はどうクリアするのだろう?
見上げたら輸送ドローンがビュンビュン飛んでる未来。 /
はやく実現して欲しいです。 /

・最大450キログラムの荷物を時速約160キロメートルで運べる
・深刻な人手不足に直面する物流業界で技術面で課題克服を目指す動きが本格化する
空飛ぶ車も、どんどん現実味を帯びてきています。
あまり実用的でない気がする。
未来だなぁ。空で渋滞とかも普通になったりして。
ドローンからこっち、この手の話は多いけど、都市上空での飛行許可のルールとかまだ全く議論されてないくさいけど、それで大丈夫なんかね?(´・ω・`)
ヤマトが、2020後半までには商用化を頑張るんだ!是非とも頑張って欲しいwww
最大450キログラムの荷物を時速約160キロメートルで運べる無人輸送機 を開発と。人手不足は様々なイノベーションを生みそうです  ーー
普及する前に空の渋滞をどうするかはちゃんと考えておいたほうがいい。
これはトラックじゃないよなぁ…。
20年代半ばに:朝刊1面から
日本の物流の文字通り一翼を担うヤマト、頑張ってくれ!
これが実現したらすごいですね!狭い住宅街でも使えるのかな /
「空飛ぶトラック」商用化:日経 最大で450kgの荷物を積んだ無人のトラックが空を飛び交う。整備不良,衝突で荷物を積んだトラックが空から落ちてくる。荷物を落とすリスクもある。我々住民は、ヤマトの合理化追求の野望のために、安穏な生活を送れなくなる?!
>最大450キログラムの荷物を時速約160キロメートルで運べる「空飛ぶトラック」で、空中衝突回避など政府の法整備をにらみながら2020年代半ばまでに商用化する。

前から思ってるんですけど、こういうのいっぱい飛ばして人を運べたら満員電車の問題も解決できるんじゃないかと
最大450キログラムの荷物を時速約160キロメートルで運べる「空飛ぶトラック」で、空中衝突回避など政府の法整備をにらみながら2020年代半ばまでに商用化する
ヤマトホールディングス(HD)は米社と共同で無人輸送機開発に乗り出す。最大450キログラムの荷物を時速約160キロメートルで運べる「空飛ぶトラック」で、空中衝突回避など政府の法整備をにらみながら2020年代半ばまでに商用化する。
無人輸送機だと。

ひとが乗らないのであれば、事故が起きた時の責任がどうなるかなどの議論が長くなりそう。
以上

記事本文: 「空飛ぶトラック」商用化 ヤマト、積載450キロ 20年代半ばに :日本経済新聞

関連記事