TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > (データの世紀)...

(データの世紀)消えた7億フォロワー 揺れる「いいね!」経済 情報汚染、ネット曇らす :日本経済新聞

32コメント 登録日時:2018-08-11 06:04 | 日本経済新聞キャッシュ

 ツイッターとフェイスブックの米SNS(交流サイト)2社が1月以降、計7億件の偽アカウントを削除したことが分かった。ネット上で偽の口コミやレビューが広がる「情報汚染」が深刻になっているためだ。利用者が...

Twitterのコメント(32)

「短期的な利益を減らしても、自力で信頼を得る事業モデルが必要だ。そうしなければ長期で続くサービスは実現できない」
私の場合ですと、約350フォロワーくらい消えましたね^ ^ via
世界の人口約70億人に対して、消えたのはその10%の数。いやはや、すごい世の中ですね。SNSビギナーの私も注意深く関わろうと思ったサタデイイブニングです。
「アイドルグループ「仮面女子」の神谷えりなさんは45万人もフォロワーが減った。

👆 「フォロワーも仮面だった」って言いたいだけじゃん🤣
そう言えば最近「5つ星レビューでプレゼント」をやっている業者に引っかかりそうになったな。1つ星レビューも読んだので騙されずに済んだが→アマゾンは報酬と引き換えにしたやらせレビューを禁止。根絶には至らない
消えた7億フォロワー:日経
確かにフォロワー数が多い程いい気がするけど、また増やせばいいじゃん!!!それで価値がなくなったと思う人がいるから、偽アカの存在意義が生まれてきちゃうんだよ
私のフォロワーは、ツイッターが約1千減りました。フェイスブックはゼロ。突然の激減に驚嘆でしたが、身に余る、たくさんのフォロワー数に感謝しております。ーー
見た目の数ではなく、なんのためにやるかの目的と関係性の質が問われる時代に、ますますなりますね。
最近Amazonの
商品レビュー
怪しいものか多いんだよなあ…
特に電気製品!

変なものを摑まされたくなくて
結局家電量販店に回帰する…

食べログが信用ならないのと一緒
繁栄すると怪しい人が増える

【データの世紀】
"「仮面女子」の神谷えりなさんは45万人もフォロワーが減った。所属事務所は「理由は分からない」とするが「フォロワーも仮面だった」「ショックで泣きそう」とファンに困惑が広がった。"

買ってたのかなw
トランプは、まぁ、わからんではないけど、モディ、オバマ、エルドアン……大丈夫ッスか?いろんな意味で(笑)
45万人分も偽垢作ってフォローしていった熱烈なファンがいたということか…? / "(データの世紀)消えた7億フォロワー  情報汚染、ネット曇らす :日本経済新聞"
偽アカウント多すぎでしょ
情報汚染が広がりすぎてまたネットに頼らない時代に戻ったりするのかな?w
約4分の1。
「サービスの健全性を保つため」(ツイッター)という不正アカウント排除は適切な対応でしょう --
1面
ツイッターとフェイスブックのSNS2社が計7億件の偽アカウントを削除。偽の情報があふれる「情報汚染」が深刻な為。汚染を浄化しなければ「データエコノミー」の成長も揺らぐ。

情報の価値を守るのはSNS運営において、超重要だよね。
消えた7億フォロワー
情報汚染、ネット曇らす
ツイッターを使っている人は気をつけて!→
これもデータエコノミーが本物になるための必要なステップ。
消えた7億フォロワー:日経 何事も「過ぎたるは…」。地銀の住宅ローン残高,猫カフェ店舗,ツイッターフォロワー数などの急拡大は、必ず裏に「不正か不正モドキのいかさま」があるから、最後は「悪の栄えし…」で破綻する!
ボクの場合ツイッターの偽アカ対策ではフォロワー減らなかったんですけども.どういうことでしょうね.
"アイドルグループ「仮面女子」の神谷えりなさんは45万人もフォロワー(3面きょうのことば)が減った。所属事務所は「理由は分からない」" 本当にわからないならおバカさんというだけの話なのでは? / "(データの世紀)消えた7億フォ…"
トランプのフォロワー減ってる。
(データの世紀)消えた7億フォロワー 情報汚染、ネット曇らす:日本経済新聞
ツイッターが偽アカウントを一斉削除した7月13日。アイドルグループ「仮面女子」の神谷えりなさんは45万人もフォロワーが減った。所属事務所は「理由は分からない」とするが「フォロワーも仮面だった」とファンに困惑が広がった。
ブロックチェーンで繋げは、誰がフェイクニュースの元ネタか、その拡散者か分かるかもな。
( ´∀`)サロンも偽参加の話題づくりって疑ったら駄目だからな
金融は本人確認でAML。同じだ。
SNSを利用している人は触れておいた方が良いニュースかも。
人の本質は同じ。他人と繋がり他人の価値観に影響され常に色々な意味でブラッシュアップされていく。
どこで線引きをするのか、何を信じるのか。そういった意識がより必要とされる時代に突入している。
以上

記事本文: (データの世紀)消えた7億フォロワー 揺れる「いいね!」経済 情報汚染、ネット曇らす :日本経済新聞

関連記事