TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > マルタ 仮想通貨...

マルタ 仮想通貨大国に 世界最大手が今年拠点 緩い規制、1日1100億円超取引(写真=ロイター) :日本経済新聞

27コメント 登録日時:2018-08-10 06:29 | 日本経済新聞キャッシュ

 世界の仮想通貨交換業者が2018年に入り、地中海の島国マルタ共和国に相次いで拠点を移し始めた。税率が低い租税回避地であることに加え、国をあげて仮想通貨業を育成・誘致する方針であることが理由。今や1日...

Twitterのコメント(27)

規制で既得権益を守るのはもう限界に達している。
Pole Change が起こるのは時間の問題、今日と同じ思考で明日も生きていけると思ったら大間違いです。そろそろ目を覚まそう〜
マルタに移住しようかな
世界で一番大きな暗号通貨交換業会社がマルタ島に移転する。
先進国は、規制という悪しき枠組みでみすみすチャンスを遠ざけているw

 緩い規制、1日1100億円超取引(写真=ロイター) :日本経済新聞
でしょうね
「警告を無視されると手の打ちようがない」
「 仮想通貨大国に」
 世界最大手が今年拠点:日本経済新聞

マルタがどこに有るか、僕はわからないけど、仮想通貨では有名らしい。
日本は国内の取引所や扱うコインでゴタゴタし過ぎてて、国際監視とか国際協調とか育成とか言える立場ではないんじゃないw 新しいものに対して世界をリードして欲しいとは思うけどね
取引所誘致や、規制緩和で一気に仮想通貨のハブとなりましたね❗️
「金融庁の登録を受けようと列をなしている仮想通貨交換業者がしびれを切らしてマルタに移り、日本人を対象に無登録で取引サービスを始めればどうなるか」 /
日本円は1割ほどにすぎない。5割程度を占めていた4月から急低下
マルタで18年に可決された仮想通貨関連法は、ICOを積極的に容認し、投資家が誤った情報で被害を受けた場合は発行企業に損害賠償責任を負わせるなどと明確な規定がなされているという。明確な法制度で企業はICOをしやすくなる。
マルタ共和国に相次いで拠点を移し始めた。税率が低い租税回避地であることに加え、国をあげて仮想通貨業を育成・誘致する方針

主要国は仮想通貨を使ったマネーロンダリング(資金洗浄)に神経をとがらせるが、規制網からはずれた世界が急拡大
今日の日経に大きく取り上げられていますね❣️

「 世界最大手が今年拠点」
世界の仮想通貨交換業者が18年に入り、マルタ共和国に相次いで拠点を移し始めた。税率が低い租税回避地であることに加え、国をあげて仮想通貨業を育成・誘致する方針であることが理由。今や1日あたりの取引量は世界最大。
仮想通貨・ブロックチェーンの世界は国境を軽々と飛び越える世界、各国規制政策など、対応が問われるところ/  世界最大手が今年拠点(写真=ロイター)
* 世界の仮想通貨交換業者がマルタへ拠点を移し始めている
* 整った法制度や低い税率などが背景
* 日本での業者の無登録営業等への対策で、国際協調が課題

意外な国名が出てきて驚いてる(・□・;)
仮想通貨の規制環境による企業誘致
BTCではなく、BCHが多い。
猫の島が。。。新婚旅行で行ってすごいのどかだったのに。
やっぱりあの辺なのか。
住みたいと思っている国の一つマルタ共和国が最先端のビジネスの場になっているなんて
日本の取引所がダメすぎなんで、バイナンスに資金移そうか…
海外に逃がした方が良いかもね!
バイナンスも本拠を置いていますし、今後大きく成長するかもしれませんね。
マネロンに使われてるっちゅーのに、日本円経由の決済が減ってるのを何残念そうに書いてんだ。(´・ω・`)きんゆうちょうのポチ紙め
税率が低い租税回避地であることに加え、国をあげて仮想通貨業を育成・誘致する方針であることが理由

日本経済新聞
「今や1日あたりの取引量は世界最大。主要国は仮想通貨を使ったマネーロンダリング(資金洗浄)に神経をとがらせるが、規制網からはずれた世界が急拡大」
仮想通貨大国に世界最大手が今年拠点:日本経済新聞

🌴マルタは世界最大仮想通貨立国‼️

世界中の仮想通貨交換業者が2018年にマルタに相次ぎ拠点を移し始め中。
租税回避地+国をあげ仮想通貨業を育成誘致する方針である事が理由。1日あたりの取引量は世界最大。
以上

記事本文: マルタ 仮想通貨大国に 世界最大手が今年拠点 緩い規制、1日1100億円超取引(写真=ロイター) :日本経済新聞

関連記事