TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 次世代加速器、誘...

次世代加速器、誘致に壁 宇宙誕生の謎に迫る 5000億円どう捻出、見合う成果難しく :日本経済新聞

10コメント 登録日時:2018-07-30 06:42 | 日本経済新聞キャッシュ

 宇宙誕生の謎に迫る次世代巨大加速器「国際リニアコライダー(ILC)」を国内に誘致する構想の雲行きが怪しくなってきた。日本学術会議が議論を本格化し、それを基に文部科学省が年内に誘致に名乗りをあげるかど...

Twitterのコメント(10)

ILCは科学と政治の問題を考える上でも興味深い事例。以前から注目はしているが、なかなか見通しが得られない。
週末に日経サイエンスの最新号にある当該記事読んだけれど、一般紙になるとやや厳しめの論調になるなぁ… "資金面で(日本の負担が)期待されているだけで、装置を使いこなすことはできない" //
地元の人たちは「来ない」と確信している。はらたいらに3,000点。

次世代加速器、誘致に壁: 日本経済新聞
5000億円どう捻出、見合う成果難しく:日本経済新聞  この記事、後半の記述は驚くほど国際リニアコライダーに手厳しい。利点には目を向けず、ネガティブなことしか書かないスタンスには疑問。
「ヒッグス粒子」のロマンがやばい。
次世代加速器、誘致に壁:日本経済新聞
期待はしているけど、作る実績が目的になって本末転倒にならないで欲しい。他の大型PJでもそうだけど、少しの減額で性能が出せないたぐいのものはある。→
それ行け 建設国債

次世代加速器、誘致に壁:日本経済新聞
5000億円どう捻出、見合う成果難しく :科学技術面から
次世代加速器、誘致に壁: 日本経済新聞

こういうのに国家予算ではなく、民間からお金が出るようになるといいのだが。
この費用で他のプロジェクトで結構なことができるとなると、割に合わない。
以上

記事本文: 次世代加速器、誘致に壁 宇宙誕生の謎に迫る 5000億円どう捻出、見合う成果難しく :日本経済新聞

関連記事