TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 消費変貌(3)働...

消費変貌(3)働く女性、支出惜しまず 「M字」解消で景気底上げ :日本経済新聞

11コメント 登録日時:2018-03-14 06:32 | 日本経済新聞キャッシュ

 松屋銀座店(東京・中央)の7階、週末に20~30代の女性が集まる売り場がある。生活家電メーカー、バルミューダ(東京都武蔵野市)の常設店舗。お目当てはスチーム加熱でトーストがふわっと焼ける「感動のトー...

Twitterのコメント(11)

働く女性が増えれば家事代行や育児のサービスといった働くための消費も増える。政府も在宅勤務などの柔軟な働き方や女性登用を後押しする。これが最大の景気対策かもしれない。
たしかに一人暮らししてたらQOL高めることへ消費しそうだもんなぁ。|
"働く女性が増えれば家事代行や育児のサービスといった働くための消費も増える。"ネガティヴに捉える人もいるかも知れないけど適性に応じて貢献し、皆んなで支え合う社会/
消費変貌(3)働く女性、支出惜しまず:

働き手足りないしお金使ってくれる人も少ない…そうだ女性に頑張ってもらおう!ってのいい加減やめろよ
未婚の女性が増えたから、M字カーブが解消されたように見える(実態として、結婚出産で退職する女性は未だ多い)、って評論を見たことがあるけど、どっちが正しいんや。。。
消費変貌(3)働く女性、支出惜しまず :
バルミューダもバーミキュラも、一発当てた後も継続してヒットを続けていて素敵ですねー
日経でGD/GW/プレゼン対策 消費変貌(3)働く女性、支出惜しまず: 一面
ナンだか偏見に富んだ記事のような気がするのだが気のせいだろうか。
バブル期のオヤジギャル再び…

消費変貌(3)働く女性、支出惜しまず :
男性もこのように活発になってもらいたいものだが。結婚した男性の財布の紐を締めるのも女性。そういう意味で男女ともに自由を!
M字開脚で景気底上げ
以上

記事本文: 消費変貌(3)働く女性、支出惜しまず 「M字」解消で景気底上げ :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース